メタルボンドクラウンをオールセラミッククラウンに交換


今はオールセラミッククラウンが主流です


かつてはセラミッククラウンといえば金属を裏打ちしたメタルボンドクラウンのことを指していましたが、現在はあえて金属を使っていないことを区別するためにオールセラミッククラウンと呼ぶこともありますし、単にセラミッククラウンと呼ぶこともあります。

メタルボンドクラウンをオールセラミッククラウンに交換した写真です。

メタルボンドクラウンはまず内側を金属で作製し、その上にセラミックを盛り上げ焼きつけてゆく築盛(ちくせい)と焼成(しょうせい)という工法をへて作製されます。

金属を使うことは強度を高めるという意味ではとても重要な意味があるのですが、口の中で長年使用してゆくうちに金属の粒子が流れ出し、歯とはぐきの境目を黒く変色させてしまうという問題を持っていました(写真の少し下がっている前歯がその状態です)。

黒く変色するとなかなか除去できないため、現在メタルボンドクラウンは特別なケースをのぞいて、あまり使われなくなってきています。


歯の位置が下がることがあります


治療前の写真を見ると、右側の歯が少し下がっている(伸びている)のがわかります。

下がってくる原因として、歯周病、根尖病巣、打撲の結果、睡眠中のはぎしりなどが考えられます。いちばん可能性が高いのは、睡眠中のはぎしりです。

このような下がり方をしている場合は、一旦かりばに置きかえて、はぎしりを改善させるマウスピースを一定期間使用することをおすすめします。

せっかく新しく歯を交換しても、はぎしりの改善がなされていないと、やがて同じように下がってくることが予想されます。

*歯が下がることと金属を使用していることは関係がありません。


金属を使わないセラミッククラウンが好まれる理由


金属アレルギー対策として
すべての人が金属アレルギー症状を発するわけではありませんが、万一のために金属を使わないようにしておこうという考え方です。

新たに歯をかぶせなおす、つめなおす機会がありましたら、金属を使わない治療(メタルフリー治療)をおすすめします。

材料や技術の発達にともなって
セラミック素材の進化や、光学印象、3Dプリンターなどの技術が発達した結果、金属よりも加工しやすいセラミックが登場したことも大きな要因になっています。

かつてのアナログ的な良いところを残しながら、全体としてより精度の高いデジタル化へと進みつつある、今その真っ只中にあります。

コスト的な事情から
近年、金属の価格がかつてないほどに高騰している関係で、歯科治療に用いる金属材料も非常に高価になっています。

金属よりも安価で高機能なものを追求した結果、セラミック素材や樹脂製材料がおどろくほど進化したことはごく自然な成り行きといえるでしょう。

そのほか、かつてのセラミッククラウンの作製は工程が煩雑だったため、それにかかるコストもかなりのものでした。

そういった観点から工程をシンプルにすることが求められ、その努力と工夫がオールセラミッククラウンの発達につながってゆき、安定した供給が可能となりました。

タイトルとURLをコピーしました