メタルボンドクラウンをオールセラミッククラウンに交換


オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンとはすべて白いセラミックでできたクラウンです。前も後ろも内面も白です。

今はオールセラミッククラウンが主流です

かつてはセラミッククラウンといえば内面を金属で裏打ちしたメタルボンドクラウンのことを指しましたが、現在は金属を一切使わないオールセラミッククラウンのことをセラミッククラウンと呼ぶのが一般的です。

古いセラミッククラウンです

新しいセラミッククラウンです

メタルボンドクラウンはまず最初に歯を覆う金属製のキャップを作製し、その上にセラミック粉末を混ぜ合わせて盛り上げ、焼きつけます。この工程を築盛(ちくせい)、そして焼成(しょうせい)といいます。

メタルボンドの場合、金属を使うことで強度が高めることができましたが、口の中で長年使用してゆくうちに金属の粒子が流れ出し、歯とはぐきの境目を黒く変色させてしまう好ましくない変化が頻繁に起こりました。写真’上段)でそのようすがうかがえます。

黒く変色するとかんたんには除去できないため、メタルボンドクラウンは特別なケースをのぞいて、現在ではあまり使われなくなっています。

歯の位置は下がることがあります

治療前の上段写真を見ると、右側の歯が少し下がっている(伸びている)のがわかります。下がってくる主な原因は、歯周病、根尖病巣、打撲の結果、睡眠中のはぎしりなどです。いちばん多く起こり得る原因は睡眠中のはぎしりです。

この治療例においては、一旦かりばに置きかえて、はぎしりを改善させるマウスピースを一定期間使用していただきましてからセラミッククラウンを作製しました。

金属を使わないセラミッククラウンが好まれる理由

金属アレルギー対策として
すべての人が金属アレルギー症状を発症するわけではありませんが、万一のために金属を使わないようにしておこうという考えの方が増えています。新たに歯をかぶせなおす場合は、金属を使わないメタルフリー治療をおすすめします。

材料や技術の発達にともなって
セラミック素材の進化や、光学印象、3Dプリンターなどの技術が発達した結果、金属よりも加工しやすいセラミックが登場したことも大きな要因になっています。アナログ的な技術の良いところを残しながら、全体としてより精度の高いデジタル化へと進みつつあります。

コスト的な事情から
近年、金属の価格がかつてないほどに高騰している関係で、歯科治療に用いる金属材料も非常に高額になっています。そのため金属よりも安価で高機能なものを追求した結果、セラミック素材や樹脂製材料がおどろくほど進化したことはごく自然な成り行きといえるでしょう。

こうしてセラミッククラウンは色調や質感、強度などのすべての点において完成度の高い信頼できるものとなっています。

まとめ
現在、セラミッククラウンといえばオールセラミッククラウンのことを指すのが一般的です。まったくのイコールではありませんが、ほぼイコールです。