変色歯をセラミッククラウンとホワイトニングで改善


    鏡で歯を点検している女性

    とっても気になる変色歯はセラミッククラウンやホワイトニングによって白くすることができます。

    まずホワイトニングの結果を確認します

    変色歯に対して行う治療の第一選択はホワイトニングです。

    まずホワイトニングで白くしてみて、もの足りないと感じられた場合はセラミッククラウンで白くすることをおすすめします。

    白さに対する思いはお一人お一人まったく違うものがあるようです。今より少しでいいから白くしたいという方もいますし、とにかくまっ白くしたいという方もいます。

    この治療例の方は、一旦ホワイトニングで満足されましたが、日を追うごとにもっと白くしたい、いやまっ白くしたいという思いが強くなりましたので、後日あらためて上の歯をセラミッククラウンに変更しました。

    このような場合、
    私(えとう歯科)のほうから歯をけずることについての重要事項を十分説明させていただきましてから、そのことを一定期間ご検討いただきまして、そのうえで治療を開始するようにしています。

    まっ白くする場合には、この方のように特別白い色調のセラミッククラウンを用います。

    この写真だけを見ていると、上下の色調の差に違和感を感じてしまうかもしれませんが、意外とご本人さまは気にならないようです。むしろ大満足のようです。

    下の歯は特別な場合を除き可能なかぎりセラミッククラウンは用いずにホワイトニングで白さを維持するようにしましょう。