審美歯科,治療費用

治療費用(健康保険外)


審美歯科,治療費用

審美歯科、矯正歯科は費用がやや高額になりますので費用がどれくらいかかるかを確認しておきましょう。

ホームTweetメール

スポンサーリンク

矯正歯科、審美歯科など「健康保険外治療」の費用

お支払い方法

お支払いは現金、クレジットカード、デンタルローンからお選びいただけます。デンタルローンをご利用になる場合は信販会社の審査が通りましてから治療が開始となります。

現在ご案内しているデンタルローンはエポスデンタルクレジットのデンタルローンというものです。

エポスデンタルクレジットのデンタルローンは患者さまご自身がネットから申込みます。審査結果につきましても直接患者さまに通知される仕組みになっています。

↑Top

≡ 矯正歯科 ≡

矯正治療(表側ワイヤーによる全体的な矯正治療)

上下全体的な矯正治療(ハイブリッド矯正を含みます)
500,000円~

・上のみ:250,000円~
・下のみ:250,000円~

部分的な矯正治療、前歯中心の矯正治療の費用は全体的な矯正治療の費用に準じます。矯正治療の費用は骨格の状態かみ合わせの状態歯の本数左右対称性の状態などを十分に診査しましてから個別に設定するようにしています。

表側クリアー矯正装置

Happy smile of young woman with clear dental braces

仮に費用が60万円だとしましたら、その内訳は検査費用毎来院時の調整費用リテーナーの費用などの矯正治療に必要な費用のすべてを含みます。したがいまして一旦お支払いされたあとは費用がかからない仕組みになっています。

矯正治療終了後に上の歯のホームホワイトニングを無料でご案内しています(二十歳以上の方が対象です)。

そのほか矯正治療期間中は当医院でおすすめしている専用のハブラシとハミガキコをお渡ししています。矯正治療期間中はフッ素入りのハミガキコがおすすめです。矯正治療後はアパタイト含有のハミガキコ/(アパガード)がおすすめです。

アパガードリナメル

当医院の矯正治療は装置も術式も考え方も、いたってシンプルです

たとえば日本人の歯列不正でいちばん多いのは叢生(でこぼこの歯並び)ですが、叢生をほぐすことはそれほどむずかしくありません。

叢生をほぐすための抜歯もほとんど必要ないと考えています。叢生をほぐしたあとは叢生にともなって生じている過蓋咬合(かがいこうごう:深いかみ合わせ)を改善し、最後に上下の歯並びが緊密にかみ合うように仕上げてゆきます。

だいたいの矯正治療において治療期間は1年半~程度を目標にしています。

装置も術式もシンプルでスピーディー、そしてできるだけ歯を抜かない矯正治療を常に意識しながら取り組むようにしています。

カラフルな粘膜保護ワックス
粘膜保護ワックス

↑Top

ハイブリッド矯正(NEW!

ハイブリッド矯正は表側ワイヤー矯正とマウスピース矯正を組み合わせた矯正治療です。それぞれの良いところを組み合わせることにより、いちだんと完成度が高まります。

メインとなるのはワイヤー矯正ですが、マウスピースを最初に用いたり最後の仕上げに用いたりするなどケースによってさまざまです。

費用は表側ワイヤーによる矯正治療と同じです。したがいまして表側ワイヤー矯正を行う場合はマウスピース矯正を併用する(ことがある)という意味です。

裏側からの矯正治療とマウスピース矯正を組み合わせたハイブリッド矯正の扱いもありますが、こちらの費用は個別に設定しています。

マウスピース矯正(=アライナー矯正)

マウスピース矯正の記事を読む

上下全体的な矯正治療
700,000円~

裏側からの矯正治療(=舌側矯正、リンガル矯正)

上下全体的な矯正治療
700,000円~

↑Top

≡ 審美歯科 ≡

セラミッククラウン(白いかぶせもの/前歯、奥歯)

セラミッククラウン、ラミネートベニアは5年間保証いたします。
作製は審美歯科専門の技工所に依頼しています。

イーマックスプレス
(前歯用/単独歯)

80,000円(通常仕上げ/1本)
100,000円(精密仕上げ/1本)

ジルコニアセラミッククラウン
(前歯・奥歯用/単独歯、ブリッジ)

80,000円(通常仕上げ/1本)
100,000円(精密仕上げ/1本)

フルジルコニアセラミッククラウン
(奥歯用/主に単独歯、そのほか3本までのブリッジ)

60,000円(1本)~

セラミッククラウンは歯を白くすっぽりかぶせる治療方法です。天然の歯に近い自然な色、形、輝き、感触を表現することができます。

前歯のセラミッククラウン

↑Top

じょうぶさ(強度)に関してはジルコニアセラミッククラウンがいちばんです。
ジルコニアセラミッククラウンは前歯以外にもブリッジや連結を必要とするケース、かむ力が強く加わりやすいケースにも応用が可能です。

奥歯のセラミッククラウン

イーマックスプレスは主に前歯に用います。ジルコニアセラミッククラウンほどの強度はありませんが前歯であれば十分に対応できます(ブリッジには応用できません)。

イーマックスプレスとジルコニアの使い分け方の基準は、たとえばジルコニアだと硬すぎて対合歯がかけてしまうかもしれない場合はイーマックスプレスを用います。またかぶせる歯の色調が濃い場合は濃い色調が透過してしまわないようにジルコニアを用います。一部のジルコニアは下地の濃い色調を遮蔽することができます。
金属を使用しないセラミッククラウンのことを総称してオールセラミッククラウンといいます。どこから見ても白いのが特徴的です。

オールセラミッククラウン

かつては金属を裏打ちしたメタルボンドクラウンというセラミッククラウンが主流でしたが、現在はあまり使われません。
なぜなら金属アレルギーを起こす可能性があることや、はぐきに接するつけ根部分に金属のラインが見えたり、はぐきに黒い変色を起こすことがあるからです。

↑Top

ラミネートベニア

ラミネートベニア

80,000円(通常仕上げ/1本)
100,000円(精密仕上げ/1本)

ラミネートベニアは歯の表面をわずかに削除して、セラミックで作製したシェル(薄いつけ爪のような形をしたもの)を接着する方法です。主に歯の色調を改善する際に用いられます。

ラミネートベニア

セラミックインレー(白いつめもの/奥歯)

セラミックインレー

50,000円(1か所)~

セラミックインレーは白いつめものです。じょうぶで美しくしあがります。素材は主にイーマックスプレス、ジルコニアを用います。

↑Top

ホワイトニング(歯の漂白)

ホワイトニング

5,000円(上だけの費用)

お知らせ
令和5年9月8日よりホワイトニングは紹介制に移行しました。
現在はマウスピースによるホームホワイトニング(上だけ)を中心に行っています。
ホワイトニング治療は二十歳以上の方を対象としています。

お渡しするホワイトニングジェルは低~中濃度に分類されるものです。低~中濃度のホワイトニングジェルは低刺激ですので歯やはぐきに極端な炎症を起こすことがありません。

ホワイトニングジェル

ホワイトニングライト
ホワイトニングライト

低~中濃度ジェルを用いながら短時間で切り上げていただきますので歯の健康を維持しながら歯を白くすることができます。

低~中濃度で短時間のホームホワイトニングでは効果が期待できないのではないかと思われがちですが、毎日コツコツと行っていただくことで高濃度のジェルと同等の効果が得られます。何より安全で健康的です。

マウスピースを手にしている女性

↑Top

ホワイトニングのメンテナンス

漂白後、時間がたつと色のあともどりが起こりますので白さを保ちたい場合はご自身によるセルフメンテナンスをおすすめしています。

セルフメンテナンス用ジェルの費用

500円(1本)
一度に2本までご購入いただけます。

マウスピースの再作製費用

2000円

ウォーキングブリーチ
(インターナルブリーチ)

状態によって費用を設定しています。

ウォーキングブリーチは神経を失った歯の漂白方法です。変色の程度や歯の傷み方によっては治療が困難な場合がありますので処置の前に状態を点検させていただくようにしています。
意外かもしれませんがホワイトニングの中でいちばんきれいに仕上がるのはウォーキングブリーチです。うまくいった時はほんとうに美しく自然に仕上がります。

↑Top

そのほか上記治療を組み合わせた複合的な治療もご用意しています。まずは無料相談をご利用ください。メールやお電話でのご相談をお受けしています。

スポンサーリンク

ランダム記事