審美歯科についてご説明いたします


札幌審美歯科,えとう歯科

治療費用のページにも審美歯科治療のポイントを載せています。ぜひ参考になさってください。



白い歯、きれいな歯並びがもたらすもの

一般的な歯科治療は、痛みや不快な症状をとりのぞくことを目的としています。

審美歯科治療はそれにプラスして、歯を白くしたり、歯並びをきれいすることを目的としています。

治療の結果、積極的になれたり、表情に自信が持てたりといった「良い変化」が起こるのが審美歯科治療の大きな特徴です。

無料相談はとてもだいじですので是非ご活用ください

えとう歯科は健康で美しく、長持ちする歯科治療を目標にしています。

治療をお考えの方は無料相談をご利用ください。
治療方法や治療期間、治療費用(お支払い方法)についてご説明いたします。

無料相談はとてもだいじです。
治療内容を知るだめだけでなく、どのような歯科医院であるかを知ることにも役立ちます。

痛みの少ない矯正治療、できるだけ歯を抜かない矯正治療

えとう歯科では一般歯科治療審美歯科治療矯正歯科治療を行っています。
その中でも特に最近はできるだけ歯を抜かない矯正歯科治療に力を入れています。

今はできるだけ歯を抜かない、一本でも多く歯を残す時代ですから、矯正治療においてもできるだけ歯を抜かずに治すのがのぞましいと思っています。

参考記事

できるだけ歯を抜かない矯正治療
できるだけ歯を抜かない矯正治療を心がけています。歯の本数は多ければ多いほど良いと考…


痛みの少ない矯正治療、やわらかいニッケルチタンワイヤー使用
痛みの少ないニッケルチタンワイヤーを主に用いますので、痛みがないわけではないですが…

そのほかのおすすめ記事

前歯中心の矯正治療、比較的短期間で完了した治療例
前歯のちょっと気になってる歯だけ矯正したい方は多いですよね。でもこれが意外とむずか…


歯のすきま治療(樹脂素材による方法)
歯の間にすきまがあるととても気になります 歯のすきまを治す方法はいくつかありますが、ここ…


セラミッククラウンの基本情報
歯科の世界には多くの発明がありますが、その中でもセラミックは最も偉大な発明であると…


金属の土台は除去、白い樹脂の土台の上にセラミッッククラウン
金属の土台は腐食しますし色も濃い、弾力も乏しいので白い樹脂の土台に交換してセラミッ…


メタルボンドクラウンをオールセラミッククラウンに交換
オールセラミッククラウンとはすべて白いセラミックでできたクラウンです。前も後ろも内…

治療の進め方について

えとう歯科が基本としているのは健康保険治療です。
健康保険治療の適用範囲内であれば、健康保険治療中心で対応するようにしています。

デンタルローンについて

健康保険治療はさほど高額になることはありませんが、審美歯科治療や矯正歯科治療の場合は治療費が数十万円になることがあります。

そのような治療におけるお支払い方法として、えとう歯科では現金のほかにクレジットカード、デンタルローンを利用することができます。

できるだけ金利がかからないような分割払いにしたい場合はデンタルローンがおすすめです。

くわしくは以下の記事を参考になさってください。

デンタルローン、36回までなら金利がかかりません
治療費用が高額になる場合は36回まで無金利のデンタルローンをご検討なさってみてはい…

デンタルローンは治療を開始する前に信販会社の審査を受けていただく必要があります。

えとう歯科からのお知らせ

重要ですのでご一読ください
治療のお支払いの段階になってデンタルローンを利用したいと希望される方がいらっしゃいますが、デンタルローンは治療を開始する前にお申し出いただく必要があります。
デンタルローンは治療開始前に信販会社の審査を受けていただきまして、審査の結果が「治療可」となりましてから治療を開始する流れとなります。

物販のお会計について
ハブラシ、ハミガキコ、デンタルフロス(糸ようじ)、リテーナー洗浄剤などの物販のご購入に ペイペイラインペイ をご利用できます。

おねがい

えとう歯科からお送りしたメールが迷惑メールフォルダに振り分けられていたり、メール自体が届いていなかったりすることがあるようです。
もし届いていない場合はお手数ですが、ひとまずお電話にてご用件等をお知らせくださいませ。

暑い季節になりますと、肩が露出した衣服で来られる方が多くなりますが、首から肩にかけて器具器材がふれるようなことがありますとけがにつながるおそれがありますので、できましたら肩がおおわれた衣服でのご来院をお願いいたします。

女性の方は髪を後ろでおだんごにしたり、ポニーテールにされることがあると思いますが、これらの髪のまとめ方は歯科治療の際にヘッドレストとの相性が悪く、頭の位置が定まりにくくなります。
そのため治療がしづらくなりますし、患者さまにとりましても落ち着かない姿勢のまま治療を受けなければならなくなりますので、治療にいらっしゃる日はぜひそのことを思い出していただきまして、ご協力をたまわりたいと思います。
よろしくお願いいたします。

この記事はサイト運営者のえとうよしたけが執筆しました。