セラミックインレーは白いつめもののことです


セラミックイレー,白いつめもの

白いつめものには型とりして後日つめるインレーと、即日つめる充填(じゅうてん)の2種類があります。

セラミックインレーは白くて自然にしあがります

「むし歯の治療を受けたら白かったはずの歯が銀色になってしまった..」ということがないように、むし歯を取り除いたらできるだけ白いつめものを施して、元の自然な色にもどしておきましょう。

とそのように担当の先生にお願いしましょう。もっとも最近は銀をおすすめする歯科医院はあまりないと思いますので、念のために「白いのが入りますよね?」というくらいの確認をしておきましょう。

銀のつめものと白いつめもの

特に下の奥歯は口をあけるたびに人目につきますから、写真のように自然な白い歯に回復しておきたいですね。白い材料でつめることが今は世界的標準になっています。

ここまではセラミックインレーは白くて自然なしあがりになりますというご案内でした。このあとは「つめものの種類と使い分け方」について掘り下げてみたいと思います。

つめものの種類と使い分け方

ここで基本的な用語の説明をしておきたいと思いますが、「つめもの」には型とりをして、つめものを作っておいてから次の来院時にそのつめものを接着剤でくっつけるインレーというものがあります。「つめもの」にはそのほかに、むし歯をけずりとってできた穴に白い樹脂素材を直接つめる充填(じゅうてん)というものがあります。

インレーと充填の使い分け方~考え方

■どちらもむし歯をけずりとってできた穴につめものをするという点では同じようなものですが、隣接面に広がった大きめのむし歯にはインレーを施すことが多いですし、小さめのむし歯には充填を施すことが多いです。

■できれば充填ですませたいけれど、充填するのがむずかしいのでインレーを選択したというような考え方もあります。

■かむ力が強く加わる可能性がある歯の場合、樹脂素材を充填すると割れてしまうので、より丈夫なセラミックインレーを選択したということもよくあります。

インレーの使い分け方

同じインレーであっても色調や強度、表面性状によってさまざまな使い分けがあることを例をあげて説明したいと思います。

■イーマックスセラミックインレーだと割れるかもしれないので、よりじょうぶなジルコニアセラミックインレーを選択した(→強度)。

■ハイブリッドセラミックインレーはすり減るかもしれないので、念のためすりへりにくいジルコニアセラミックインレーを選択した(→表面性状)。

■メタルインレー(金属製のインレー)はじょうぶだけど見た目がよくないので、ハイブリッドセラミックインレーを選択した(→色調)。

<ヒントとまとめ>
充填は光をピッピと当てて固める治療と言えばわかりやすいかもしれませんね。
比較的小さなむし歯で、きっちりつめるための好条件がそろっていれば充填で十分だと思います。
充填はその日のうちに治療が終わりますし、比較的安価でもありますので、患者さまにとりましては受け入れやすいすぐれた治療方法であると言えます。
つめものにはインレーと充填があるということをぜひ知っておいてください。
どちらを選択するかは、歯科医師の診断と患者さまのご希望を総合的に判断して決めることになります。
用語はだいじです。用語の意味がわかれば、インレーであれば型とりして次回つめものが入りますし、充填であれば1回で終わるというように、来院回数を把握することができます。

インレーの種類

インレーには

  • 金属製のメタルインレー
  • プラスチック製のコンポジットレジンインレー
  • セラミックインレー

があります。上の2つは健康保険治療の対象です。セラミックインレーは健康保険外治療です。

セラミックインレーにはさらに

  • イーマックスプレスによるセラミックインレー
  • ジルコニアによるセラミックインレー
  • ハイブリッドセラミックによるセラミックインレー

の3種類があります。

当医院でおすすめしているのはハイブリッドセラミックインレージルコニアセラミックインレーです。ハイブリッドセラミックは歯に対する適合性が高く、弾力のある安定的な材料ですので、特にこだわりのない方にはハイブリッドセラミックインレーをおすすめするようにしています。ちなみに上写真のインレーはハイブリッドセラミックインレーです。ジルコニアセラミックインレーは強度がすぐれていますので、じょうぶさが必要とされる場合には第一選択となります。

ハイブリッドセラミックインレー
1本につき25,000円(税別)
2~3回程度の通院を目安にしてください

セラミックインレー(イーマックスプレス、ジルコニア)
1本につき40,000円(税別)
2~3回程度の通院を目安にしてください

金属アレルギーへの配慮

白いつめもののメリットは見た目が自然であることだと思います。そのほか金属アレルギーになりにくいという点もメリットのひとつだと思います。

気づかないうちに金属がアレルギーを引き起こしていることがあります。指輪やネックレス、腕時計などに敏感な方は、お口の中の金属にも配慮しておきたいところです。

今後、歯の治療におきましては、できるだけ金属を使用しないメタルフリーという考え方をお持ちになることをおすすめします。