一般歯科

一般歯科

折れた前歯を守るためのマウスピース

睡眠中のはぎしり、くいしばり、かみしめで歯が折れることがあります 食事をしていて歯が折れた、はずれた、かけたというご経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、じつは大半が寝ている間に起こるかみしめなどによって歯がダメージを受け、そして食...
一般歯科

歯を失ったあとの治療方法にインプラントがあります

インプラント(人工歯根)についてご説明します わたしたちはさまざまな原因で歯を失うことがあります。 歯を失ったあとは、抜いた部分の治癒状況に応じて何らかの方法で欠損を回復する必要があります。 抜いた部分をそのままに...
一般歯科

はぎしりはマウスピース(ナイトガード)で緩和しましょう

はぎしりには種類があります はぎしりには大きく分けて、歯を横にずらしながらこすり合わせるタイプのもの、上下にぐいぐいと押しつけるタイプのもの、カチカチ小刻みにかみ鳴らすタイプのものがあります。 それらは単独で起こ...
一般歯科

デンタルフロス(糸ようじ)には種類があります

デンタルフロス(糸ようじ)には種類があるのをご存じですか? デンタルフロスには大きく分けて、糸巻き状の形をしたもの(写真の上二つ)と、スティック状の形をしたもの(下二つ)があります。 スティック状のものは、先端がアルファベットの「P」や「Y」のかたちを...
一般歯科

はぎしり用マウスピース

はぎしりをゼロにすることはできません はぎしりをゼロにすることはできません。 はぎしりをしていない人はいないと考えられています。 えとう歯科では、はぎしりを緩和させる対策として、就寝時にマウスピースを装着する方法をおすすめしています。 (各...
一般歯科

かりば(仮歯)の役割

かりば(仮歯)はとても大事です かりばはとても大事です。 治療途中のさまざまな場面において、かりばは必要になります。 特に前歯の治療におけるかりばは重要な役割があります。 見た目を回復するため、かみ合わせを整えるため、食事をしやすくするため、歯...
一般歯科

合着材から接着材へ

セメントをご存じですか? つめもの、かぶせものを歯に装着する際に、セメントという装着材料が用いられます。 わたしの父の時代は、エリートセメントというリン酸亜鉛系のセメントが用いられていました。 わたしの時代はグラスアイオノマーというセメン...
一般歯科

ルートプレーニング

根っこの表面をツルツルにしましょう 「ルートプレーニング」聞きなれないことばかもしれませんね。 じつはとても重要な処置なのです。 歯とはぐきの間には、どなたでもわずかなすきまがあります。 これをポケットといいます。 ポケットが深い場合...
一般歯科

ハブラシのお手入れ

ハブラシは清潔に保ちましょう ふだんみなさんは、一日に何回ハミガキをしたらよいか考えたことがありますか? こたえは、自由です。 好きなだけみがいてください。 たくさんみがくとハブラシの毛が傷んできたり...
一般歯科

歯を抜いたあとの注意点

抜いたあとのぶくぶくはやめましょう 歯を抜いたあとにいちばん注意すべき点は、強くぶくぶくとゆすがないことです。 歯を抜くと出血が始まります。しばらく出血が続いたのち、血液は徐々に粘性を帯びてその場に(抜いたあとの空洞...
タイトルとURLをコピーしました