うがい薬は使い分けが大事、リステリン激推し


うがい薬,アズレイ

うがい薬を2種類ご用意しております。市販のマウスリンスとは使用方法と使用目的が少々異なります。

ネオステリングリーンとアズレイうがい液、特徴

みなさま方にいつもお使いいただいている「ネオステリングリーンうがい液0.2%(日本歯科薬品)」に加えて「アズレイうがい液4%(昭和薬品化工)」をご用意することにしました。

ネオステリングリーンの主成分はベンゼトニウム塩化物という殺菌性のある物質です。一方、アズレイうがい液の主成分は炎症をおさえる効果のあるアズレンスルホン酸ナトリウムというものです。これらをお口の状態や治療目的に応じて、使い分けてゆくことになります。

ネオステリングリーンは40mlでしたが、アズレイうがい液のほうは10mlですので、使い切りやすいかもしれません。両方とも希釈して使います。

うがい薬,アズレイ

成分の違いを知ることで使い分けがわかります

ネオステリングリーンには抗菌作用があります。これはベンゼトニウム塩化物の薬理作用によります。

主な使用目的は口腔内の消毒です。当医院では抜歯後にはおすすめしていませんが、多くの歯科医院では抜歯後にネオステリングリーンを処方しているようです。

ここで大事な注意点についてご説明したいと思います。
ネオステリングリーンは抗菌作用があるため、長期使用により菌交代現象(菌交代症)を起こす可能性があります。菌交代現象とは、この場合ですとネオステリングリーンを継続して使用したことにより、ネオステリングリーンに感受性のある菌が減少し、その代わりにそれまでおさえられていた菌が増殖して起こる症状のことです。たとえばカンジダ症などのいわゆるカビ類が起こす症状です。

ですので口腔内の症状をおさえるためにネオステリングリーンを使用する場合は、症状の程度にもよりますが、できるだけ短めにして切り上げる必要があります。

一方でアズレイうがい液には抗菌作用はなく主な作用はアズレンスルホン酸ナトリウムによる抗炎症作用ですので、菌交代現象は起こりません。しかしながらこちらもただだらだらと使用することはおすすめしません。

リステリンはすばらしい

リステリンは歯科保険点数には組み込まれていませんが、ドラッグストアで容易に手に入りますので、中長期にお口の中を清潔にする目的であればリステリンがおすすめです。
抗菌作用があるけれども、顕著な菌交代現象、あるいはそれに類似した現象はいっさい起こらないのがリステリンの良いところです。

リステリン,クールミント

具体的にはリステリンクールミントのようにアルコール成分が含まれているものが中でも特におすすめです。当医院の矯正治療を受けておられる患者さまには積極的におすすめするようにしています。

矯正治療期間中はお口の中がノーマルな状態ではないわけですから、一工夫も二工夫もしながら良好な口腔衛生状態を維持できるよう、ご案内してまいりたいと考えております。

*リステリンは小さいボトルがありますので、そちらからためしてみてください。濃いと感じる方は少し水で薄めても良いかもしれません。