歯のすきま治療後、徐々に開いた歯のすきまを改善

歯のすきま治療を再度行いました

歯のすきまを閉じた治療の写真です。
10年ほど前に一度、歯のすきま治療を受けられた方の再治療例です。

このように、歯の間は徐々に開くことがあります。
開いた部分に樹脂製材料(コンポジットレジン)を増し加える方法で整えました。

状態にもよりますが、樹脂製材料による歯のすきま治療はくりかえし行うことができます。

歯のすきま治療の費用

歯のすきまは、通常2本の歯によって構成されています。
えとう歯科の場合は1か所を1万円(税別)として計算するようにしていますので、2か所(2本)で2万円(税別)が合計の治療費用となります。

参考) えとう歯科・治療費用

歯のすきま治療の治療時間

まん中2本の歯のすきま治療の場合ですと、平均20~30分です。
歯をけずりませんので、痛みはありません。
麻酔をすることもありません。

注)治療の前にご要望をうかがったり、すきまを閉じる治療ができるかどうかなどを診断する時間もかかりますので、治療は後日あらためてということになる場合もありますので、その際は何卒ご理解をお願いいたします。

歯のすきま治療の保証その他

治療を行った日から1年間を保証期間としています。
つめた部分がかけたり、はずれたりした場合、1年間無料で再治療を行うようにしています。

年に1回程度のメンテナンスにいらしていただくようお願いしております。
樹脂製材料による歯のすきま治療は、成人の方を対象にしております。

参考) えとう歯科・歯のすきま治療