歯のすきま治療(樹脂素材による方法)



歯の間にすきまがあるととても気になります


歯のすきまを治す方法はいくつかありますが、ここでは比較的かんたんな方法をご説明したいと思います。

治療の手順
1)すきまのある側の歯表面(側面)の付着物を除去します(クリーニング)。
2)同部位をエアーでかるく乾燥させ、接着剤を塗布します。
3)歯の色調に合った樹脂素材をていねいに貼りつけて光で硬化させます。
4)形を修正し、みがきあげます。

治療時間はだいたい20~30分ほどです(歯はけずりません)。樹脂素材は接着剤の接着力によって維持されていますので、かみ合わせの状態によってははずれることもあります。事前に十分かみ合わせや歯の動揺(ぐらぐらするの程度)などを調べましてから、処置を行えるかどうかを判断するようにしています。

かみ合わせの状態が十分ではない場合や歯の動揺がはげしい場合は処置を行えないことがあります。この治療は成人の方を対象にしています。




 


歯のすきまがほんのわずかな場合


歯のすきまがずっと気になっているけれど、矯正治療のような方法でしか治せないと思っている人は多いようです。

根本的に治すには矯正治療がベストだと思いますが、樹脂素材で意外とかんたんに治すことができます。

歯のすきまがわずかであれば、歯の側面に白い樹脂素材をはりつける方法で閉じることができます。歯をけずらずにその日のうちに、歯のすきまを閉じることができます。





 


歯のすきまが大きい場合の注意点


歯のすきまが大きい場合、処置を施した結果、歯の横はばが大きく見えてしまうことがあります。

樹脂素材を使ったすきま治療では、接着した樹脂素材の分だけ横はばは増えています。増えた横幅が肉眼的に違和感のない見え方であれば問題ありません。

ただしすきまが大きいと、接着した樹脂自体が大きくなりますのではずれやすくなります。かんたんにはずれてしまうことがないように、はずれる可能性を十分考慮して、処置ができるかどうかを判断させていただくようにしています。





 

タイトルとURLをコピーしました