ハブラシの選び方

むし歯や歯周病の代表的な予防方法は歯みがきです

今日は歯みがきに用いるハブラシについてご説明したいと思います。

ドラッグストアや雑貨店にはたくさんのハブラシがならんでいます。よく見るとそれらハブラシはすこしずつ形や大きさ、デザイン、価格がちがいますが、基本的な構造はどれも同じで、「ハンドル」「ヘッド」「毛」の3部分によって構成されています。

その中から自分に合っているものをみつけることができればよいのですが、なんとなく見た目のよいものや、テレビコマーシャルで見たことがあるようなものを選んでしまっていることが多いのではないでしょうか。

それでは歯科医師としてわたしが考える、ハブラシを選ぶ際のポイントを紹介したいと思います。

ハブラシでいちばんだいじなのは、「毛」です。

1)毛がやわかくて弾力があること
2)毛が衛生的であること(抗菌性が高いこと)
3)毛先の表面がスムーズにしあげられていて、歯や歯ぐきを傷つけないこと
4)毛束の密度が高くて(1束内の毛の本数が多くて)清掃効果が高いこと

などの要素が満たされているハブラシがよいと思います。

これらの要素を満たしているハブラシの中でもわたしがおすすめしたいのは、オーラルケア社製のタフト24です(下写真)。

えとう歯科でおすすめしているタフト24というハブラシです


以前は歯科医院でしか買えませんでしたが、今はネットでも購入することができるようです。タフトとは毛束(けたば)という意味で、ていねいに密植された毛束が24あることを表しています。

えとう歯科では、すでにたくさんの患者さまたちに使っていただいています。わたし自身もこのタフト24を長年使っています。タフト24のくわしいご案内はオーラルケア社さまのホームページをご覧ください。

タフト24|株式会社オーラルケア
口腔ケアにおいて大切なのは、口腔内を傷つけることなくプラークを除去すること。タフト24は、狙ったプラークをしっかり掻き出すコシと、歯や歯肉を傷つけない毛先の加工。そして、患者さんの口腔内に合わせて選べるよう6種類のかたさを用意しています。
tuft24(タフト24)のオフィシャルサイト | たふ子と一緒に学ぶ恋と仕事が両方うまくいくお口のケア | tuft24(タフト24)
歯科医院で販売している歯ブラシ、tuft24(タフト24)のオフィシャルサイトです。商品情報や虫歯の簡単な予防方法、歯科医院の意外な通い方などをチェックできます。

えとう歯科ではタフト24シリーズのSS(スーパーソフト)とESS(エクストラスーパーソフト)をとりあつかっています(各100円税込)。