ラミネートベニアが割れたときの治療方法


気になるラミネートベニアの破損について


うっかり硬いものをかんだときや、スプーンやコップを歯にぶつけてしまったときに、ラミネートベニアがかけることがあります。

そのほか、はぎしりやくいしばりの圧力もラミネートベニアの破損に関係があると考えられています。

ラミネートベニアのかけ方が、ほんの一部だけの小範囲である場合は、ラミネートベニアの色調に合った樹脂製の材料をつめて回復します。

広い範囲でかけている場合や、全体的にはがれている場合は、新しくラミネートベニアを作製して回復します。

この治療例では、やや広い範囲のかけ方でしたので、新しくラミネートベニアを作製して回復しました。

はぎしりが強い方、はぎしりをしている可能性のある方は、睡眠時にマウスピースを装着しておくことをおすすめします。するとラミネートベニアの破損を防ぐことができます。


ラミネートベニア治療に関連して

氷食症(ひょうしょくしょう)といって、頻繁に氷をガリガリと食べたくなる状況が続くことがあります。

ラミネートベニア治療をお考えの方で、そのような状況が続いている方は、ラミネートベニア装着後に破損する可能性がありますので、慎重に検討されるようお願いいたします。

ラミネートベニア治療のほか、セラミッククラウン治療におきましても、同様に装着後の破損の可能性がありますので、慎重なご検討が必要になります。