けずらないラミネートベニア

歯をけずらないラミネートベニア治療は安心して治療を受けていただくことができます

ラミネートべニア治療は、歯の表側をすこしだけけずって、つけ爪のような形に加工したセラミックをはりつけることにより、歯の色や形、大きさを改善する治療方法です。今回は歯の表側をけずらずに型とりをして、ラミネートべニアを作製してみました。

今回の治療方法の長所は、歯をけずらないので痛みや不安をともなわないという点です。一方で短所は、すこしふくらみのある大きめの歯になってしまう可能性があるという点です。結果的にこのケースではほとんど気にならない程度の大きさに仕上がりました。

もともとの歯の形が細めであったり、小さめの歯であれば、今回のように歯をけずらずにラミネートベニアを応用することができます(ちょうど良い大きさになるます)。歯をけずりませんから、痛みもなく、治療の流れもとてもスムーズなものになります。

ラミネートベニア治療前


ラミネートベニア治療後



ラミネートベニア startPage