痛みの少ない矯正治療(やわらかいニッケルチタンワイヤー使用)

やわらかくて細いニッケルチタンワイヤーを使うと矯正治療はあまり痛くありません

矯正治療で使用するワイヤーには大きく分けて二種類あります。ひとつはやわらかい感触のニッケルチタンワイヤーで、もうひとつはやや硬めのステンレスワイヤーです。

ニッケルチタンワイヤーは主に矯正治療の最初の段階で用います。治療開始時点では歯並びの状態がでこぼこしていていますから、ねじれや重なりををほぐすためにはニッケルチタンワイヤーのようなやわらかくて繊細に作用するワイヤーが必要になるというわけです。

ニッケルチタンワイヤーは弾力が備わっていますから、少々でこぼこしている歯並びであっても抵抗なくすんなり装着することができます。装着されたニッケルチタンワイヤーはまっすぐになろうとする形状回復効果を徐々に発揮しながら歯を動かしてゆきます。

歯が動き始めると、わずかに痛みが生じることがあります。最初は経験したことのない初めての痛みにびっくりされる方もいますが、この痛みは一時的で、ほどなくして消失してゆきますのでご安心ください。この現象は歯にワイヤーが装着されたことによって起こった歯槽骨の軽い炎症によるものです。

痛みに対する感受性は人によって差がありますから、ほとんど痛くなかったという人もいますし、想像していたよりも痛かったという人もいます。ちなみにこの痛みはワイヤーを装着した日よりも、翌日、翌々日に起こることが多いようです。

そのほか食事の際に物を噛もうとした瞬間、「うっ」と歯がひびいたり、歯の痛みではありませんが矯正装置の角ばった部分が粘膜にこすれて口内炎になったりすることがあります。粘膜は皮膚のような角化は起こりませんが、表面はだんだん丈夫になってゆきますので、矯正装置による口内炎はできにくくなります。

ひと通り考えられる痛みについてご紹介してみましたが、すべての現象が起こるわけではありませんので、過度の心配は必要ないと思います。

できるだけニッケルチタンワイヤーを使い続けます

わたしがふだん最初に用いるようにしているニッケルチタンワイヤーのサイズは最小の.010インチです。このワイヤーだけでも十分でこぼこを改善できます。その後はさらに良好な状態に整えてゆくためにワイヤーのサイズを徐々に大きくしたり、部分的に曲げを入れるなどして整列を進めてゆきます。

以前は歯列がある程度スムーズに並んできた段階でステンレスワイヤーを併用することが多かったのですが、ニッケルチタンワイヤーだけで十分対応できることがわかりましたので、今はできるだけニッケルチタンワイヤーを使い続けるようにしています。

抜歯して矯正治療を行うケースでは、抜歯空隙を閉鎖する段階でステンレスワイヤーを使用する必要がありますが、抜歯をしないケースが増えてきた今は、最終段階においてもニッケルチタンワイヤーを使って仕上げるようにしています。

そのほか痛みをやわらげながらスピーディーに歯を移動させるる方法として、レジンアップという手法があります。レジンアップは、かみしめたままでは歯は動かない点に注目し、歯が動くための十分なスペースを確保しながら、その直上を上下の歯がスライドしてゆくような設計が施されています。スライドしたことで得られた歯根膜からのインパルスがニューロンを介して持続的な筋反射を起こし(歯根膜咬筋反射)、この反射により咬合面⇒歯根膜⇒顎関節に一連の筋活動を発しながら、歯軸の改善と歯根の正常化がもたらされるようになります。これは意図的に軽度の咬合異常を起こさせていると説明することもできます。

この状況を想像すると、歯の痛み(咬合痛、歯根膜痛)が起こりそうに思えますが、実際には軽い違和感が一時的に起こるだけで、違和感を避けるようにして理想的なかみ合わせと安定した顎位をからだ見つけてゆきます。下の写真がレジンアップのようすです。

レジンアップの写真です

レジンアップの写真です

矯正治療の痛みは3回やってきます

まず最初のワイヤーを装着したときに軽度の痛みが生じます。その次に痛みが出やすいのがニッケルチタンワイヤーからステンレスワイヤーに交換したときです。3回めの痛みは、歯を抜いて生じたすきまを閉鎖(牽引)するときにおとずれます。

現在はニッケルチタンワイヤーをメインに使用していますので、2回めの痛みに遭遇する機会は少なくなりました。3回めの痛みに関しましても、歯を抜かずに治すケースが増えていますので、すきまを閉鎖する際に生じる痛みにも遭遇する機会はかなり少なくなっています。