前に出ている前歯をセラミッククラウンで小さく内側に


セラミッククラウン

前歯が前に出ていて気になっている人は一度ぜひご相談ください。内側に向ける方法はいくつかあります。

もっと口を閉じやすくしたい

前歯が前方に向いてはえていると、唇がひっかかって閉じにくいことがあります。

大きく前に出ている前歯の状態です。

セラミッククラウンで前歯を小さく内側に入れた状態です。

前方に向いてはえているだけでなく歯が大きめですと、前歯の突出した状態が強調されて見えることがありますので、気になさる方は多いようです。

この治療例では上の前歯2本をセラミッククラウンで小さくしながら内側に入れました。その結果、スムーズに唇を閉じることができるようになったということです。

そのほかの歯はホワイトニングでほんのり淡い白さを得ました。セラミッククラウンよりも白くならないようにわずかにセーブしながらホワイトニングを行うのがポイントです。

矯正治療も検討しましょう

この治療例ではセラミッククラウンを応用しましたが、ワイヤーによる矯正治療も十分応用が可能ですので、このような状態でお悩みの方はぜひ検討なさってみてください。

すでに前歯1本にセラミッククラウンが施されている場合は、この治療例のように隣の歯もセラミッククラウンを用いて歯並びを改善することが多いです。それは短期間で治せますし、比較的イメージがかんたんだからです。

ですが、もし前歯が天然の歯のままでしたらワイヤーによる矯正治療とホワイトニングを組み合わせて、歯並びと歯の色を改善する方法もぜひ検討してみてください。

もちろん、すでにセラミッククラウンが施されている場合も、ワイヤーによる矯正治療は十分に対応が可能です。

セラミッククラウンは歯の頭(歯冠)の角度を内側に変更させただけですが、ワイヤーによる矯正治療は歯根の角度と位置を含めた歯並びの改善が行われますので、ワイヤーによる矯正治療のほうが、より健康的であるといえるでしょう。

ワイヤーによる矯正治療は、装置がわずらわしい、見た目が気になる、期間が長い、などのデメリットがありますが、わずらわしさは徐々に慣れてきますし、見た目の点は裏側からの矯正治療(舌側矯正=リンガル矯正)で対応が可能ですので、検討の価値はあると思います。

いずれにしましても十分に検討しながら、無料相談などもご利用なさってください。