できるだけ歯を抜かない矯正治療


歯を抜かない矯正

えとう歯科ではできるだけ歯を抜かない矯正治療を心がけています。歯の本数は多ければ多いほど良いと考えています。



健康のことを考えると歯の本数は多いほうが良いわけですが、歯を抜かないと歯並びが整わないこともありますので、抜歯をまったくしないわけではありません。
ただ、抜歯しなくてすむのであれば、そのほうが良いと思います。

歯を抜く代わりの方法をご用意しました

歯を抜かないで治す方法とは

  1. やわらかいニッケルチタンワイヤーを主に用いる
  2. たおれた歯をやさしく起こしてあげる

主にこの二つです。

これだけでほとんどの歯列不正、特に叢生(そうせい)を治すことができます。叢生とはでこぼこした歯並びのことで、日本人に多い歯列不正です。

ニッケルチタンワイヤーとは?

ニッケルチタンワイヤーはやわかくて形状回復にすぐれたワイヤーです。

叢生のようなねじれて重なりあった歯には硬いワイヤーをそわせることはできませんから、やわらかいニッケルチタンワイヤーを用いることになります。

ニッケルチタンワイヤーはねじれや重なりの強い初期の段階に向いています。

ニッケルチタンワイヤーでねじれや重なりがほぐれたあとは、やや硬めなステンレスワイヤーに変えてゆくのが一般的ですが、えとう歯科では引き続きニッケルチタンワイヤーを使い続けます。

なぜならニッケルチタンワイヤーは歯にやさしいからです。

ただ、ニッケルチタンワイヤーだけはかみ合わせを整えることができませんので、バイトプレート(マウスピースのようなもの)とバイトアップという技法を補助的に使用して理想的なかみ合わせを構成してゆくことになります。

バイトプレートとは

バイトプレートは硬めの素材で作られたマウスピースのようなものです。
バイトプレートを装着することにより、上下の歯がスムーズに滑走するようになります。その結果、顎が正しい位置に誘導されますので、その位置に合わせて歯を並べてゆくことができます。

バイトプレートは以下記事をご覧ください。


前歯中心の矯正治療、比較的短期間で完了した治療例
前歯だけの矯正治療は可能ですが、対応できるケースは意外と少なくて、むずかしい治療に…

バイトアップとは

バイトアップの使用目的はバイトプレートとほぼ同じです。
樹脂素材を歯に盛り上げてかみ合わせを少し高くします。すると顎の動きがスムーズになり、顎の位置が正しく誘導され、矯正力が作用しやすくなるのです。

バイトアップは以下記事をご覧ください。


痛みの少ない矯正治療、やわらかいニッケルチタンワイヤー使用
えとう歯科では痛みの少ない矯正治療を心がけています。ニッケルチタンワイヤーがやさし…

無料相談でよく聞かれること

矯正治療の相談に来られた方から
「費用はどれくらいかかりますか?」
「治療期間はどれくらいかかりますか?」
「目立たない装置でおねがいできますか?」
そして
歯を抜かなければなりませんか?
という質問をよくいただきますが、できるだけ歯は抜かないで治したいと思いますとお答えするようにしています。

この記事のまとめ

歯を抜かない矯正

えとう歯科ではできるだけ歯を抜かない矯正治療を心がけています。歯の本数は多ければ多いほど良いと考えています。

この記事はサイト運営者のえとうよしたけが執筆しました。