できるだけ歯を抜かない矯正治療


最近はできるだけ歯を抜かないで矯正治療を行うようにしています


矯正治療の無料相談の際に多くの方が、「費用がどれくらいかかるか」、「治療期間がどれくらいかかるか」、「目立たない装置で治療できるかどうか」、「歯を抜く必要があるかどうか」といった点を質問されます。

今回は矯正治療における抜歯について考えてみたいと思います。

これまで矯正治療には抜歯がつきものであると考えられてきました。それは重なりあった歯を整列させるために重なっている部分をほぐして、ちょうどよい状態、つまり顎の骨の上に歯がちょうど並びきる状態を作り出すために必要だからです。
その重なりをほぐすための方法(処置)がおもに抜歯なのです。

治療の順序はを大まかに、「抜歯」→「歯の整列」→「残ったすきまを閉じる」となります。
抜歯をともなった矯正治療の場合、このように抜いたあとに残ったすきまを閉じなければなりません。
この「閉じる処置(抜歯空隙の閉鎖)」がいちばんむずかしく、時間のかかる処置でもあります。

抜歯後に歯を整列させたらちょうどすきまがなくなっていたというのが理想ですが、わずかにすきまが残るのがふつうです。
抜歯したすきまを閉じる方法として、ワイヤーを曲げて寄せてゆく、連続したゴムで引っ張る、アンカースクリュー(小さなインプラント)を用いて引っ張る、マウスピースを使って顎の位置を適切な位置に誘導しながらすきまを閉じてゆくなどがあり、それらを併用するようにしています。

すきまを閉じる処置がうまくいくことも大事ですが、いちばんのぞましいのは歯を抜かないことだと思います。なぜなら歯を抜かないメリットはたくさんあるからです。

歯や顎の位置を大きく後退させる必要がある場合や、歯の大きさが大きい、顎の骨が小さいなどの事情がないかぎり、歯を抜かないで治すことが理想だと思います。

矯正治療前に顎の位置を適切な位置に誘導させておいたり、はぎしりや、突き上げるかみ方などのくせを除去しておくことにより、歯を抜かずに矯正治療を行える治療範囲はぐっと広がってくると思います。

抜歯に関連してですが、矯正治療にかぎらず歯を抜くことが最近は少なくなりました。
少々割れていたり、ポケットが深くても抜かずに何とかして残すように心がけています。