前歯中心の矯正治療(比較的短期間で治療が完了した治療例)


前歯中心の矯正治療のむずかしさ


前歯の歯並びをきれいにしたいというご要望はたくさんいただくのですが、なかなか前歯だけで対応できるケースは多くはないものです。

なぜなら、前歯だけを動かすと奥歯がかみ合わなくなってしまったり、深いかみ合わせの方ですと前歯を動かそうとしても上下の前歯が常に干渉し合って一向に治っていかないなど、みなさまのご要望に反して想像以上に前歯中心の矯正治療はむずかしいものなのです。

治療が可能なケースはあまり多くありませんが、治療が可能な場合は短期間でとてもきれいな状態に仕上げることができます。それではここで前歯中心の矯正治療がスムーズに行えた治療例をご紹介したいと思います。

 (1)

上の前歯にわずかなねじれと重なりがあり、先端がそろっていない軽度の歯列不正です。この治療例では上の前歯だけを治しました(190107)。

 (2)

上の前歯に矯正装置を装着したところです(190128)。

 (3)

同日、下の歯にマウスピース(CAバイトプレート)の使用を開始しました。CAバイトプレートは顎の動きを整えながら本来あるべき適切な顎の位置に誘導する機能があります。そのほか睡眠中にくいしばることなく筋肉の緊張がほぐされるように、さらにはマウスピースの滑走面が矯正作用を発揮しやすくなるように設計してあります。

 (4)

ほぼ完成に近い歯並びになりました(190307)。

 (5)

矯正装置をはずしたところです(190527)。

 (6)

同日、かみ合わせた状態です。

 (7)

同日、リテーナー装置(超薄のマウスピース)を装着したところです。非常にわかりにくいですが、上の前歯にすこしだけ光沢のようなものが感じられると思います。それがリテーナー装置です。人に気づかれることはほとんどありません。それくらい自然です。

約6ヶ月ほどで矯正治療を終了することができました。現在は引き続きリテーナー装置(超薄マウスピース)を装着してすごしていただいています。食事、ハミガキ、入浴以外は常に装着していただいていますが、見た目も装着による異物感もほとんど気にならないというご報告を受けています。このリテーナー装置はかみ合わせを安定させ、緊密な歯の接触関係を確立する仕様になっています。

同時に日中1時間程度のホームオワイトニング(*)も行っています。歯並びが整ったら、次はぜひ歯の色もきれいにしましょう。

*矯正治療を受けられた方のサービスメニューです。