前歯中心の矯正治療、比較的短期間で完了した治療例


矯正治療,前歯

前歯だけの矯正治療は可能ですが、対応できるケースは意外と少なくて、むずかしい治療になりやすい傾向があります。



前歯中心の矯正治療のむずかしさ

前歯の歯ならびを前歯中心の装置で治すことはできますが、実際には対応できるケースはそれほど多くありません。どちらかというと前歯だけの矯正治療はむずかしい治療であるといえるでしょう。

なぜなら前歯の歯列不正を整えた結果、反作用で奥歯がかみ合わなくなってしまったり、以前よりも前歯が出っ歯になってしまう可能性がありますので、できでば全体に装置を施して治すことをおすすめします。

このように治療が可能なケースはあまり多くないのですが、治療が可能な場合は短期間でとてもきれいな状態に仕上がります。それではここで前歯中心の矯正治療がスムーズに行えた治療例をご紹介したいと思います。

前歯中心の矯正治療例

でこぼこした前歯

上の前歯にわずかなねじれと重なりがあり、先端がそろっていない軽度の歯列不正です。この治療例では上の前歯だけを治しました。(190107)

矯正装置をつけました

上の前歯に矯正装置を装着したところです。(190128)

マウスピースを装着しました

同日、下の歯にマウスピース(バイトプレート)の使用を開始しました。バイトプレートは顎の動きを整えながら顎を適切な位置に誘導する役割があります。そのほか睡眠中のくいしばりをおだやかにしたり、筋肉の緊張をほぐしたりする効果もあります。

だいぶならびました

ほぼ完成に近い歯ならびになりました。(190307)

矯正装置をはずしました

矯正装置をはずしたところです。(190527)

かみ合わせました

同日、かみ合わせた状態です。

リテーナーを装着しました

同日、リテーナー(薄いマウスピース)を装着したところです。写真ではわかりにくいですが、上の前歯にすこしだけ光沢のようなものが感じられると思います。これがリテーナー(保定装置)です。人に気づかれることはほとんどありません。

この治療例では約6ヶ月ほどで矯正治療を終了することができました。現在は引き続きリテーナー装置を装着してすごしていただいています。食事、ハミガキ、入浴時以外は常に装着していただいていますが、見た目も長時間の装着もほとんど気にならないというご報告を受けています。リテーナーを装着しつづけることにより、かみ合わせが安定し、緊密な歯の接触関係が整えられてゆきます。

矯正装置をはずした段階で、日中1時間程度のホームオワイトニング(注)を行っていただいています。歯ならびがきれいになったら、歯の色もきれいにしましょう。
注:ホワイトニングは矯正治療を受けられた方のサービスメニューです。

前歯中心の矯正治療の条件

前歯中心の矯正治療がむずかしいとされるそのほかの理由として、矯正治療のだいじなステップである「前歯の圧下(あっか)」を十分に行えないという点があげられます。

したがいまして元々咬合平面がスムーズな状態の方であれば、安心して前歯中心の矯正治療を行うことができると考えています。

圧下:歯を下げること
咬合平面:歯の先を結んだ線

この記事のまとめ

矯正治療,前歯

前歯だけの矯正治療は可能ですが、対応できるケースは意外と少なくて、むずかしい治療になりやすい傾向があります。

この記事はサイト運営者のえとうよしたけが執筆しました。