ラミネートベニア


歯科受付の女性


ラミネートベニア治療のご案内です

歯の色、つめものの境い目などが気になっていませんか?

歯の表面に付け爪状の薄いセラミックを接着して、歯の色を改善する方法をラミネートベニア治療といいます。ラミネートベニア治療は美しさの回復だけでなく、歯の表面の傷んでいる部分やつめものの境い目を覆って修復する効果もありますので、補修と補強も同時に行えます。

ラミネートベニア治療例(1)

ラミネートベニア治療前


ラミネートベニア治療後


ラミネートベニア本体


上前歯の形をラミネートベニアによって少し横幅を広くして、すきまを閉じました。この治療例はほとんど歯をけずっていません。もともと上の前歯の位置が奥まっていましたので、歯をけずらずにラミネートベニアを接着することにより、少しだけ前に出て、ちょうどよいかみ位置(かみ合わせ)になりました。

つけ爪のような形をしている4枚の写真がラミネートベニア本体です。

歯の色が気になる、歯の間にすきまがある、大きなつめものの境い目が目立つような場合、歯(エナメル質)の表面をわずかにけずって、つけ爪のような形をした明るい色調のセラミック(ラミネートベニア)を接着することにより、とても自然な状態になります。

ラミネートベニア治療例(1)
1本につき70,000円(税別)~
このケースは4本ですので280,000円(税別)を目安にしてください
2~3週間程度を目安にしてください


ラミネートベニア治療例(2)

ラミネートベニア治療前


まん中に大きなすきまがあります。右側2番めの歯にもすきまがありますが、このすきまは歯の形が細いために生じたものです。まん中2本と、右側2番めの歯にラミネートベニアを用います。

歯の表面をけずったところです


歯の表側をけずって、ラミネートベニアの型とりをするところです。この日は型とりをして、かりばを装着しました。型とりをしたら、ラミネートベニア(薄いセラミック)を作製します。本数にもよりますが、7~10日程度の作製日数がかかります。

ラミネートベニアの適合を確認しているところです


ラミネートベニアの適合を確認しているところです


できあがったラミネートベニアの適合を確認しているところです。これからできあがったラミネートベニアを一枚ずつていねいに接着してゆきます。

ラミネートベニアを接着したところです


ラミネートベニアの接着が完了したところです。

ラミネートベニア治療例(2)
1本につき70,000円(税別)~
このケースは3本ですので210,000円(税別)を目安にしてください
2~3週間程度を目安にしてください


ラミネートベニアの注意点

ラミネートベニアは治療前の状態よりも、わずかに歯が大きくなります。位置もわずかに前に出ます。それは歯の表面をけずった量よりも、接着したセラミックの厚みのほうがわずかに大きいからです。この点をよくご理解をいただいたうえで治療を受けるようにしてください。

もし歯の大きさを小さくしたいというご希望がある場合は、セラミッククラウンを選んでいただいたほうがよいと思います。

小さい歯をわずかに大きくしたい場合や、引っ込んでいる歯を少しだけ前に出したい場合はラミネートベニアが有効です。歯の色、歯のすきまの改善にも効果的です。


参考記事:けずらないラミネートベニア
けずらないラミネートベニア
歯をけずらないラミネートベニア治療は安心して治療を受けていただくことができます ラミネートべニア治療は、歯の表側をすこしだけけずって、つけ爪のような形に加工したセラミック...
参考記事:ラミネートベニアが割れたときの治療方法
ラミネートベニアが割れたときの治療方法
気になるラミネートベニアの破損について うっかり硬いものをかんだときや、スプーンやコップを歯にぶつけてしまったときに、ラミネートベニアがかけたり、はずれたりすることがあり...


前 ←セラミックインレー

次 →歯のすきま治療