美と健康にマヌカハニー


マヌカハニー

マヌカハニーは薬ではありませんが、のどの調子が悪い時などに効果があります。予防効果もありそうです。



のどの風邪には何が効く?

5~6年前のことですが、のどの風邪に何かよいものはないだろうかとさがしていたときに偶然知ったのがマヌカハニーでした。

最初は半信半疑でしたが、使っていくうちにきちんとした効果があることがわかり、毎年風邪が流行る少し前に食べ始めるようにしています。

食べると言いましてもたくさん摂取するのではなく、写真にありますようにスプーン半分くらいが一回分のちょうどよい量とされています。

マヌカハニー

ハチミツよりもやや硬め

一般的なハチミツのようなどろどろしたかんじではなく、キャラメルを温めてわずかにとかしたようなやや硬めの質感です。

そのまま口にしてもよいですし、紅茶と相性がよいので紅茶に適量まぜて飲むのもおすすめです。

日常的に習慣として摂取しつづけると風邪をひきにくくなるようですし、のどが腫れてきたときに少量口にすると症状がおだやかになります。

マヌカハニーを初めて口にしたときの感想は、少しくすりっぽい味がして、慣れないせいか多少の不安もありましたが、直感的にからだに良さそうだということがわかりました。

最近は札幌市内にもマヌカハニーを取り扱うお店が増えてきましたので、入手が容易になりました。今回はオーロラタウンのパウダーパレットさまで購入しました。

ご利用・お買い求めの目安

マヌカハニーのマヌカとはニュージーランドとオーストラリアに自生するサクラによく似た木のことで、非常に抗菌性の高い蜜源植物です。

抗菌性のグレードを現す指標としてMGO、あるいはUMFを用いるのが一般的です。

  • MGO 30(≒UMF 5) 栄養補給レベル
  • MGO100(≒UMF10) 抗菌性が期待できるレベル(アクティブマヌカハニー)
  • MGO250(≒UMF15) 同上
  • MGO400(≒UMF20) 同上
  • MGO550(≒UMF25) 同上

それぞれ抗菌性のグレードが高くなると値段もお高くなります。美と健康を目的とする方にはアクティブマヌカハニーと呼ばれるMGO100(UMF10)以上のものをおすすめします。

マヌカハニーの収穫時期は11月~3月くらいまで

マヌカハニーの収穫時期は11月~3月くらいまでといわれています。つまり日本が冬で、南半球が夏の季節です。

ちょうど今頃(12月現在)が収穫のピークのようで、札幌の店頭で見かけるマヌカハニーの数もいつもより増えているように感じます。

一方それ以外の季節は、現地ニュージーランド・オーストラリアでの収穫・生産量が少なくなっているため、日本に送られてくる量も少なくなっているのだそうです。

マヌカハニーは室温(常温)保存でだいじょうぶです。賞味期限も3~5年くらいありますので、夏の入手しづらい時期のために、冬に少し多めに買っておくのもよいでしょう。

注意点として、フタをきつくしめすぎてしまうと瓶口に付着したマヌカハニーがかたまって開けづらくなることがありますので、ほどほどの力でしめておくことをおすすめします。