矯正歯科

矯正歯科

前歯中心の矯正治療(比較的短期間で治療が完了した治療例)

前歯中心の矯正治療のむずかしさ 前歯の歯ならびを前歯だけの部分的な装置できれいにしたいというご要望をたくさんいただくのですが、前歯だけで対応できるケースというのはそれほど多くありません。 なぜなら、前歯の角度やねじれだけを整えた結果...
矯正歯科

痛みの少ない矯正治療

やわらかくて細いニッケルチタンワイヤーを使うと矯正治療はあまり痛くありません。矯正治療で使用するワイヤーには二種類あり、一つはやわらかいニッケルチタンワイヤーでもう一つはやや硬めのステンレスワイヤーです。ニッケルチタンワイヤーは矯正治療の最初に用います。治療開始時点では歯並びがまだでこぼこですから、ねじれや重なりををほぐすためにニッケルチタンワイヤーのようにやわらかくて繊細に作用するワイヤーが必要なのです。ニッケルチタンワイヤーには弾力がありますから、でこぼこの歯並びでもすんなり装着できます。
矯正歯科

できるだけ歯を抜かない矯正治療

歯を抜かない矯正治療。矯正治療の無料相談で「費用はどれくらいですか?」「治療期間はどれくらいですか?」「目立たない装置でおねがいできますか?」「歯を抜かなければなりませんか?」とよく質問されます。矯正治療はほとんどの場合、歯を抜かずに治せます。顎の位置、かみ合わせの状態をマウスピースで修正し、ワイヤー矯正を始めます。
矯正歯科

叢生(でこぼこの歯並び)を歯を抜かずに矯正治療で改善した治療例

歯を抜かずに叢生(でこぼこの歯並び)を治す場合、でこぼこを治すだけでは出っ歯になってしまいます。出っ歯にならないようにするためにはジスキングといって歯の側面をわずかに削除して歯を後退させる方法や、アンカースクリューという小さなインプラントを固定源にして歯列全体を後退させる方法を用いるなどして歯の角度を整えてゆきます。後方に移動するといいましても、アンカースクリューで移動できる距離はさほど大きくありませんので、唇が自然に閉じられるようになることをひとつの目標にして移動を行いました。
タイトルとURLをコピーしました