全体的な歯列不正の矯正治療



歯並びがわるいとかみ合わせにも影響がでることがあります


歯並びのかたむきとかみ合わせを改善した治療例


ひと目見て、歯並びにかたむきがある場合、奥歯のかみ合わせがずれていたり、かみ合っていないことが多いです。
そのような場合は、全体的に治す必要があります。





全体的に治すというのは、建築にたとえると建て替えのようなものです。

このようなケースは、一見大がかりに感じられるかもしれませんが、じつは部分的な矯正治療よりも治しやすいことが多いです。
部分的な矯正治療は、限られたスペースで、限られた方法によって治さなければならないので、不自由な面も多く、苦労することが多々あります。

その点、全体的な矯正治療は、やや大がかりになるとともに治療期間もやや長めになってしまいますが、劇的な変化をともなって治るということもあって、終わったときのよろこびはとても大きいようです。

この治療例では、小臼歯を4本抜くことで、全体的にすっきりとした口元にしあげることができました。治療期間は約1年半でした。


歯を抜かずに歯のかたむきをおこして治した治療例


一ヶ所だけ歯が内側に入りこんでいるために、全体的に歯並びやかみ合わせがずれてしまうことがあります。




部分的に深い歯の重なりがあるために、正中(まん中)がずれている状態です。
この治療例では、歯を抜かずに歯のかたむきをおこすことで、歯並びとかみ合わせ、そして正中を改善することができました。

部分的に重なりが強いと、あごのスムーズな動きができないことがあります。
すると、さまざまな不調をもたらしてしまいますので、早期に治しておくことをおすすめします。
治療期間は約2年でした。


矯正治療における抜歯について

矯正治療を始めるにあたって、以前は歯を抜くことが一般的でしたが、最近は抜かないで治すことが多くなりました。
しかしながら、抜かずに治そうとすると口元のおさまりがよくならないケースもありますので、抜いて治すこともあります。

抜かないで治す場合、歯のかたむきをおこす、歯の側面を少しだけけずってスペースを確保する、歯並びを横に広げるなどの方法がとられます。

いずれの場合も、あごの大きさ、歯の大きさ、形、歯の本数、左右対称性などの状態などをよく調べてから、歯を抜くべきかどうか、抜く場合はどの歯を抜くかなどを検討し、治療を進めてゆきます。


前 ← 叢生(そうせい) でこぼこの歯並び

次 → 裏側からの矯正治療