さしばの素材と作り方は日々進化しています

根っこに歯をさすのでさしばと呼ばれています

わたしが子どものころから、さしばということばはありました。おそらくもっと前からあったにちがいありません。

じつにみごとなことばです。

正式には「クラウン」といいます。いわゆる冠(かんむり)のことで、こちらもアタマにのせるという意味ですのでとてもわかりやすいです。

さしばの種類

前歯のさしばには、材質によって2種類のものに分けられます。ひとつはプラスチック製のクラウン(健康保険治療)で、もうひとつはセラミッククラウン(健康保険外治療)です。

特にこだわりがなく、とりあえずさしばを入れたいというのであればプラスチック製で十分です。プラスチック製のクラウンは健康保険の治療ですので費用的にも安価です。

安いからといって食事や発音に問題を生じるということはありません。決して粗悪なものではありませんのでご安心ください。

一方、できるだけ天然の歯のように自然なしあがりにしたいのであれば、セラミッククラウンがよいでしょう。セラミックは表面がツルツルで、輝きもありますので、お口の中で違和感なく長く使用することができます。

ただしセラミッククラウンは健康保険の治療ではないので、少々お高くなってしまいます。

セラミッククラウンの治療費は歯科医院ごとに違いがあります。地域的にもだいぶちがうようです。健康保険のプラスチック製クラウンの費用は全国どこの歯科医院でも同じです。

奥歯のさしば

奥歯のさしばは、銀歯(ぎんば)と呼ばれるメタルクラウンをかぶせることが以前は一般的でした。

しかし最近は奥歯といえども白い素材の歯を入れることが多くなりましたので、奥歯には銀歯をかぶせるという概念はうすれてきています。

白い歯の素材

前歯のところで説明しましたが、白いさしばの素材には、プラスチックとセラミックがあります。

同じように奥歯にもプラスチックの白いさしば、セラミックの白いさしばを応用することができます。

細かいはなしになりますが、前歯と奥歯とでは加わる力(かむ力)に大きな差がありますので、奥歯に用いる白いさしばは素材的にも頑丈なものを用いるようにしています。

さらに、素材的に頑丈なものを用いるだけでなく、製法にも強度を高める工夫がなされています。

その代表的なものがCADCAMという製法です。

これまで白い素材のさしばを作るときは、プラスチックもセラミックも、材料を混和させてから熱や光を加えて作製する方法が中心でしたが、CADCAMはブロック(かたまり)状の材料をけずり出すことにより、全体的に均一でじょうぶな構造のさしば(クラウン)を完成させることができます。その代表的なものがジルコニアセラミッククラウンです。健康保険治療にも樹脂製のCADCAMクラウンが導入されています。

まだまだこれからも、素材や技術がくりかえし新しくされるでしょうから、今後もよりじょうぶでからだにやさしいさしばをみなさまにご提供できると思います。