奥歯もすっきりと白く



奥歯を白くする方法


前歯を白くしたら、次は奥歯も白くしたくなるものです。奥歯はあまり目立たない場所ですが、ふとした瞬間に銀色のつめものが見えてしまうことがあります。銀色が見えそうな部分がありましたら、すこしずつ白く置きかえておくと気分的にもとても安心できると思います。

歯を白くする場合、健康保険治療と健康保険外治療の二つの方法があります。健康保険治療ではおもに樹脂製の素材を用いることになります。

健康保険治療で歯を白くする場合、小さなつめもの(インレー)と、前から6番目までのすっぽりかぶせる歯(クラウン)を対象として白くすることができます。ただしすべての方が対象になるわけではなくて、安定したかみ合わせであることなど、該当する条件を満たしている必要があります。

そのほか、かむ力やかみ合わせの状況によっては強度が不足することがありますので、やむを得ず従来通りの方法である金属のつめもの、かぶせものを選択しなければならないこともあります。

該当する条件や強度の判断は、お口の状態を確認させていただきながらご説明させていただくようにしています。ご希望の方は無料相談をどうぞご利用ください。

健康保険外治療ではおもにセラミック素材を用います。セラミック素材は樹脂素材よりも強度がありますので、樹脂素材では対応できないような(割れてしまうような)場合にセラミック素材を用いるようにしています。





 

タイトルとURLをコピーしました