叢生(そうせい) でこぼこの歯並び


カラフルなハブラシ


叢生(そうせい)とはでこぼこ重なった歯並びのことです

叢生は日本人に多くみられる歯並びです

最近は、歯の大きさに対してあごの骨が小さい、あるいはあごの骨に対して歯が大きい方が多く見られます。矯正治療を希望される方の大半がこのようなでこぼこした叢生状態にあるようです。

叢生には、八重歯(やえば)、乱ぐい歯(らんぐいば)と呼ばれる特徴も含まれます。八重歯とは犬歯(けんし)といって前歯の中心から数えて3番めの歯が、ほかの歯よりも高い位置にはえている状態のことです。乱ぐい歯とは、前歯がさまざまな角度にねじれたり、重なったりしている状態のことです。乱雑にはえているようなイメージです。これらの現象を総称して叢生といいます。

乳歯から永久歯のはえかわる時期に歯を並べてゆく「咬合誘導」がうまくいくと、叢生にならずにとても自然な歯並びになります。

成長発育が盛んな時期に歯並びを治すのはとても理にかなっています。この時期は骨がとてもやわらかいので、無理なく歯を動かせるのです。

歯の誘導が終わったころにちょうど永久歯の歯根が安定しはじめますので、歯並びだけでなくかみ合わせの安定も期待することができます。

一方、子どものころに歯並びを治すことができなかったとしても、成人してから治すことができますのでご安心ください。

その場合、以前は歯を並べるためのスペースづくりとして部分的に歯を抜くことがありましたが、今はできるだけ歯を抜かないで治すようにしています。

比較的かんたんに治せるレベルの叢生治療例

矯正治療の難易度は、あごの大きさ、歯の大きさ、形、かみ合わせの状態、あごの動き、でこぼこの程度や重なり具合、左右の非対称(左右で歯の本数がちがう)などの不調和によってそれぞれ大きな差を生み出します。これらの不調和が軽度である場合、比較的かんたんに治すことができます。

わずかに歯がでこぼこ重なっている状態です



矯正治療が終了し、歯の重なりが改善された状態です


少しだけ歯がねじれていて、部分的にわずかに重なっている状態です。このくらいであれば歯を抜かずに治すことができます。


やや難易度が高い叢生治療例

でこぼこの程度や歯の重なり具合が大きいと、歯を抜くことがあります。歯を抜くかどうかは総合的に判断しますが、そのぎりぎりにある治療例をご案内します。

でこぼこした歯の重なりが強い状態です


矯正治療が終わり、でこぼこした歯の重なりが改善された状態です


歯の重なりが大きくて、しかも歯の大きさに対してあごの骨が小さい(あるいはあごの骨に対して歯が大きい)状態です。この治療例では歯をできるだけ内側に移動させたいという要望がありましたので、歯を抜いて治しました。

現在はアンカースクリュー(インプラント矯正)などを併用することにより、歯を抜かずに歯列全体を後方に移動することも可能になっています。

全体的にワイヤーを使った矯正治療
500,000円(税別)~
上のみ、下のみは250,000円(税別)~
数ヶ月~数年(個人差があります)

矯正治療の期間について

できるだけ早く終わらせてあげたいというのが正直な気持ちです。けれども大人の方の場合は後戻りという現象が起こりやすいので、じっくり動かしてしっかり保定(ほてい)する必要があります。

矯正治療は装置がついたままの生活ですので不便なことも多いと思いますが、その分装置がはずれたときのよろこびはとても大きいものです。

じっくり取り組むことができた方の治療はとても仕上がりがきれいで、長年良好な状態が続きます。急がずにじっくり取り組みましょう。


前 ←矯正歯科治療について

次 →全体的な歯列不正の矯正歯科治療