マウスピース矯正


マウスピース矯正用のマウスピース


マウスピース矯正のご案内です

マウスピース矯正は見えない、目立たない、自分ではずせることがメリットです

マウスピースによる矯正治療は、ワイヤーによる矯正治療にくらべると細かく歯を動かすという点では劣りますが、わずかに前に出ている歯を内側に移動させる場合や、ほんの少しねじれている歯を整える場合に効果があります。

マウスピースの特徴として透明であること、とりはずせることなどから、人の目を気にすることなく自分のペース、自分のタイミングで矯正治療を進めてゆくことができます。

一日中装着することができれば、治療期間はぐっと短縮されます。マウスピースを装着している間に矯正機能が発揮され、はずしている間にわずかに歯の位置が戻ります。このくり返しでマウスピースによる矯正治療は進んでゆきます。


かんたんな治療例

矯正治療前の状態


矯正治療後の状態


この治療例では、左上まん中の歯1本が少し前に出ているのを治しました。小さな重なりですので、写真ではわかりづらいかもしれませんね。

マウスピース矯正はわずかの前に出ている歯を内側に入れるのにとても適しています。

そのほかマウスピース矯正は、矯正治療が終わってから生じた後戻りをリカバリーするときにも応用が可能です。


むずかしい治療例

矯正治療前の状態


矯正治療後の状態


マウスピース矯正は内側にある歯を前に出す場合、とても時間がかかります。治す歯の本数が多いときも時間がかかります。

この治療例は本来はワイヤーで治したほうがよいレベルですが、事情によりマウスピース矯正で治しました。とても時間がかかりました。


マウスピース矯正後にホワイトニングを行った治療例

矯正治療前の状態


矯正治療後の状態


ホワイトニングを行った状態


左上まん中の歯がかなり前方に突出している状態でしたが、マウスピース矯正により、なんとか歯列におさめることができました。

マウスピース矯正が終わった段階で、ホワイトニングを行いました。えとう歯科では矯正治療とホワイトニングはセットになっています。


マウスピース矯正の注意点

マウスピースを装着したままで飲食はできません。食べ物をかむと変形したり、割れたりすることがありますので、食事の際はかならずはずしてください。

着色料や甘味料の入っている飲料水を口にすると、マウスピースの変色につながりますのでご注意ください。唯一水だけは口にしてかまいません。

できるだけ長い時間装着することにより、機能が効果的に発揮されます。

マウスピースはしっかりおさまるところまで装着してください。手指圧だけでは不十分なことがありますので、各システムで用意されているチューイーを使ってまんべんなく押し込むようにしてください。

おさまりが不足していると効果が現れにくくなったり、本来の目的とはちがう歯の動き方になることがありますので注意が必要です。


前 ←裏側からの矯正歯科治療

次 →前歯中心の矯正治療