歯のすきま治療



いろんな原因で歯の間にすきまができることがあります


あごの大きさに対して歯の大きさが小さめであったり、歯の角度がねじれていたりすると、歯の間にすきまができることがあります。そのほか歯周病が進行したことにより、歯の間が徐々に開いてきてすきまができることもあります。

このようなすきまを治す方法はたくさんありますが、歯をけずらずに樹脂素材を接着する方法が比較的かんたんに取りくめますので、この方法を最初におすすめするようにしています。


こちらの記事も参考になさってください。

歯のすきま治療(樹脂素材による方法)
歯の間にすきまがあるととても気になります 歯のすきまを治す方法はいくつかありますが、ここでは比較的かんたんな方法をご説明したいと思います。 治療の手順 1)すきまのある側の歯表面(側面)の付着物を除去します(クリー...



 


以下すきま治療例をご覧ください





歯のすきま治療例(1)

歯のすきまで悩んでいる人は意外と多いものです。歯のすきま治療を希望されて来院される方のほとんどがこのような状態で、比較的かんたんに治すことができるレベルです。

この治療例では、歯の側面に樹脂素材(コンポジットレジン)を接着する方法ですきまを閉じています。

この治療方法は歯をけずりませんので痛みを感じることがありません。しかもその日のうちに治療が終わりますのでとてもよろこばれています。治療時間はだいたい20~30分程度です。

このように治療自体は短時間で終了しますが、治療前のご相談時間が長くなった場合は、後日あらためてご来院をいただくこともあります。この治療方法は成人の方を対象にしています。


治療費用:1か所につき10,000円(税別)。この治療例は2か所ですので20,000円(税別)を目安にしてください。
治療期間:その日のうちに治療が完了します。ご相談が長びいた場合は後日治療になります。






歯のすきま治療例(2)

まん中2本の歯がもともと大きめですので、樹脂素材を歯の側面に接着すると歯の横はばが広がってしまい、大きい歯がさらに大きく見えてしまうことがあります。

どれくらいのすきまの幅であればなら治療が可能なのかにつきましては、治療後の見た目を想像しながら判断するようにしています。接着する樹脂素材が大きくなるとはずれやすくなることも考えられますので、かみ合わせの状態や歯の動揺(ぐらぐら)の程度なども合わせて診断するようにしています。

できるだけご希望におこたえするようにしていますが、治療が行えないむずかしい状態である場合に、はずれてもいいからとりあえず治療してほしいと熱心に要望される方がいらっしゃいます。たいへん申しわけございませんが医療行為の範囲をこえての対応はできかねますので、なにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。


治療費用:1か所につき10,000円(税別)。このケースは2か所ですので20,000円(税別)を目安にしてください。
治療期間:その日のうちに治療が完了します。ご相談が長びいた場合は後日治療になります。






歯のすきま治療例(3)

歯のすきまとはちょっとちがいますが、歯の形が先ぼそりになっていると、すきまに見えることがあります(上前歯の2番めです)。このような先ぼそりの歯を整える場合、ラミネートベニアを応用することもできますが、樹脂素材を接着して整えることもできます。この治療例は樹脂素材を用いて整えました。


治療費用:1か所につき10,000円(税別)。このケースは2か所ですので20,000円(税別)を目安にしてください。
治療期間:その日のうちに治療が完了します。ご相談が長びいた場合は後日治療になります。



前 ← ラミネートベニア


タイトルとURLをコピーしました