歯のすきま治療



歯のすきま治療のご案内です


さまざまな原因で歯の間にすきまができることがあります


顎の大きさに対して歯の大きさが小さめであったり、歯周病が進行したことなどにより、歯の間が徐々に開いてくることがあります。
このようなすきまを治す治療方法はたくさんありますが、いちばんかんたんな方法は、歯をけずらずに樹脂製の材料を接着する方法です。





歯のすきま治療例(1)

歯のすきまで悩んでいる人は意外と多いものです。
歯のすきま治療で来院される方のほとんどが写真のような状態で、比較的かんたんに治るレベルです。
この治療例は、歯の側面に樹脂製の材料(コンポジットレジン)を接着する方法ですきまを閉じています。

この治療方法は歯をけずりませんから痛みもありませんし、その日のうちに治療が終わりますのでとてもよろこばれています。
治療時間はおおよそ20分程度です。

大体の場合、短時間で治療は終了しますが、治療前のご相談時間が長くなった場合は後日あらためてご来院をいただくこともあります。

この治療方法は成人の方を対象にしています。

歯のすきま治療例(1)
費用:1か所につき10,000円(税別)
このケースは2か所ですので20,000円(税別)を目安にしてください。
期間:その日のうちに治療が完了します。ご相談が長びいた場合は後日治療になります。


歯のすきま治療を行うことによって、すきまをなくすことはできますが、結果として歯の横はばが大きくなってしまうことがあります。





歯のすきま治療例(2)

まん中の歯2本はもともと大きい歯であるため、それらがさらに大きくなるととても目立ってしまいます。
ですので治療前にその点が問題ないかについて十分確認させていただきましてから、治療を行うようにしています。

どれくらいのすきまの幅(広さ)までなら治療が可能なのかにつきましては、治療後の見た目の問題もありますが、接着する樹脂製素材が大きくなるとはずれやすくなりますので、接着強度やかみ合わせの状態なども合わせて診断するようにしています。

治療ができるかどうかの判断につきましては歯科医師にご一任くださるようお願いいたします。
はずれてもいいからとりあえず治療してほしいというご要望にはおこたえしていませんので、何卒ご理解をお願いいたします。

歯のすきま治療例(2)
費用:1か所につき10,000円(税別)
このケースは2か所ですので20,000円(税別)を目安にしてください。
期間:その日のうちに治療が完了します。ご相談が長びいた場合は後日治療になります。


歯のすきまとはちょっとちがいますが、歯の形が先細りになっていると、すきまに見えることがあります。





歯のすきま治療例(3)

上前歯の2番めが細くなっている状態です。
このような先細りの歯を整える場合、ラミネートベニアを応用することもできますが、樹脂製の材料を接着して整えることもできます。
この治療例では樹脂製の材料で整えました。

歯のすきま治療例(3)
費用:1か所につき10,000円(税別)
このケースは2か所ですので20,000円(税別)を目安にしてください。
期間:その日のうちに治療が完了します。ご相談が長びいた場合は後日治療になります。


前 ← ラミネートベニア