歯を失ったあとの治療方法にインプラントがあります


インプラントの構造を断面にして表したアイキャッチ画像です。

インプラント(人工歯根)についてご説明します


わたしたちはさまざまな原因で歯を失うことがあります。
歯を失ったあとは、抜いた部分の治癒状況に応じて何らかの方法で欠損を回復する必要があります。

抜いた部分をそのままにして長くすごすと、周囲の歯が欠損部分のほうに向かって斜めにたおれこむため、いざ治療を始めようとしたときにはその傾いた歯を起こす治療から始めなければなりません。すると非常に複雑で長期的な治療になってしまいます。

そのような状態にならないためにも、欠損部分は放置せずに適切なタイミングで治療をすませておくか、しばらく治療を始められない場合はかりばを施すなどして、状態が悪化しないように保全しておく必要があります。


欠損部分の治療方法には、ブリッジ、入れ歯(義歯)、インプラントなどがあります


全身の健康状態が良好で、骨の厚みが豊富な方であれば、インプラントについて検討してみる価値があるかもしれません。

ただしインプラントは健康保険治療ではありませんから、治療費用が高額になりやすいので、そのことも考慮に入れながら検討する必要があります。

欠損に対するインプラントや義歯、ブリッジの模式図です。 拡大

インプラントは歯の抜けた場所に、インプラント(本体)を埋め込む治療方法です。インプラントには過去さまざまな素材が用いられてきましたが、現在は純チタン、あるいはチタン合金で統一されています。

チタンと骨がくっつく性質を利用して、インプラントは歯のような機能を発揮します。

インプラントがあごの骨にきちんと固定されるのには数ヶ月かかります。この期間は使用するインプラントのシステムや、治療を受けられる方の骨の状態や性質によって差があります。

しっかりと固定されたら、その上にクラウン(上部構造)を装着します。この段階でインプラントは歯と同じような機能を発揮するようになります。


歯の大切さ、かむことの大切さ


歯は失ってから、その大切さに気づかされます。
なぜなら歯には多くの役割があり、歯がもたらす恩恵は想像以上にたくさんあるからです。

まず思いつくのが「かむこと」「食べること」「発音」。そして「骨格をささえる」「強くかみ合わせて力を発揮する」「見た目や表情を整える」などです。

これらはどれも非常に重要な機能です。
これらはきちんと歯がそろっていて、規則正しく配置され、1本1本が丈夫であればあるほどその役割を十分に担うことができます。

ところが人間の歯は、虫歯や歯周病、そのほか打撲や事故などの偶発的な原因によって、抜かなければならなくなることがあります。

医療技術や医療施設の数が十分に行き届いていない時代であれば、抜いたまま放置ということもあったかもしれません。

けれども医療が充実している現代の日本のような環境においては、歯を抜いた部分を適切な方法で回復させておくのはごく当然のことと考えられています。

さらに近年はインプラントのような先進医療技術が徐々に身近なものになってきていますので、抜いた部分をそのままにすることなく、いずれかの方法で早めに治療を受けておくことをおすすめします。


インプラントを応用できる大まかな目安


ではどのような方がインプラント治療を必要としているのかといいますと、歯を失ったけれど、とりはずしの入れ歯(義歯)は心理的に受けいれることがむずかしいし、ブリッジのように両隣の歯をけずって欠損を回復するのは悩んでしまう。できれば歯はけずりたくないという考えをお持ちの方です。

一方で、どのような方がインプラント治療に適しているかといいますと、全身的に健康で、骨の厚みが十分に残っていて、かみ合わせが安定している方です。

*上記説明の補足
残存している歯のかみ合わせが安定しているほうがインプラント治療の成功率は高まります。
では残存している歯のかみ合わせが安定していない場合にはインプラント治療が応用できないのかというと、そういうわけではなく、そのような状態を改善させるためにインプラントを用いてかみ合わせを安定させることも可能です。


インプラントの構造を見てみましょう


インプラントの構造を表したイラストです。 拡大

基本的なインプラントの構造は、歯の構造ととてもよく似ています。歯と同じように歯根(しこん)が骨の中に埋まっていて、歯の頭である歯冠(しかん)がかむ機能を発揮します。

この模式図に描かれているインプラントは1ピースタイプです。歯根と歯冠が一体になっています。

1ピースタイプのインプラントは手術が1回ですみます。すると患者さまの苦痛も少なくてすみますので、1ピースタイプによる1回手術法がおすすめです。

そのほかに、2ピースタイプのものもあります。まず歯根部分を埋めておいて、安定してから歯冠部分をつなげる治療方法です。

2ピースタイプには、1回手術法と2回手術法があります。最初に埋め込む歯根部分をはぐきでふさぐ治療方法の場合、歯冠部分をつなぐ際に、はぐきを切開する必要があります。このパターンが2ピース2回手術法です。はぐきでふさがない治療方法の場合は、歯冠部分をつなぐ際に切開が必要ありませんので、1回の手術ですみます。

さらにインプラントには表面性状によって大きく二つに分類されます。ひとつはインプラント本体の表面にアパタイト加工が施されているもの、もうひとつは加工が施されていないものです。

アパタイト加工のあるものとないものの違いは、インプラントと骨がくっつくときの結合様式の違いとなって現れます。アパタイト加工のあるものはバイオインテグレーション、ないものはオッセオインテグレーションという結合様式になります。

1ピースがいいのか、2ピースがいいのか。1回手術法がいいのか、2回手術法がいいのか。それぞれ長短ありますので、一概にこれがベストという言い方はできませんが、私個人の考えとしましては、1ピースでアパタイト加工が施されているものがのぞましいと思っています。

2ピースタイプにおける手術法につきましては、骨の状態によって判断する必要があると考えています。十分な厚みと密度のある骨の場合は1回手術法で十分だと思いますし、骨を増量(あるいは増強)させる必要がある場合や、それに近い状態の場合は、はぐきでふさいで手術の精度を高める必要がありますし、ケースによっては補填材料を併用することも必要であると考えています。


奥歯のインプラント治療例を見てみましょう


インプラント手術前の骨の厚みを表しているレントゲン写真です。

インプラントを骨に植立した状態のレントゲン写真です。

インプラントの上部構造を装着した状態のレントゲン写真です。

写真上段は手術前の状態です。インプラントを応用できるだけの十分な骨の厚みと幅がありました。

中段のレントゲン写真は手術直後です。できるだけ平行に、そして十分な深さが得られるようにインプラントを植立させます。

手術の当日にかりば(仮歯)を装着して経過を確認する方法もありますが、この治療例では2週間ほど経過してから、かりばを装着しました。

下段のレントゲン写真は3か月経過した時点の状態です。この治療例では早い段階で安定した骨植(こっしょく:くっつき)が得られていましたが、念のため3か月間の経過観察期間を置いてから上部構造を装着しました。

この治療例で用いているインプラントは、アドバンス社のAQBインプラント(1ピース1回手術法)です。AQBインプラントは表面にアパタイトの加工がなされていますので、結合様式はバイオインテグレーションを呈します。

バイオインテグレーション様式のインプラントは、初期固定(手術直後の安定性)が得られやすいので、安心して治療に取り組むことができます。

バイオインテグレーションとはインプラント表面に加工してあるアパタイト(正式にはハイドロキシアパタイト:HA)が化学的に骨と結合する結合様式のことで、この種のインプラントはHA系インプラントと呼ばれています。

もう一方のオッセオインテグレーションとはインプラント本体が骨と直接的に結合する、骨結合様式(こつけつごうようしき)のことで、この種のインプラントはチタン系インプラントと呼ばれています。


前歯のインプラント治療例を見てみましょう


前歯のインプラントを行う前の写真です。

前歯のインプラントを植立した状態の写真です。

前歯のインプラントに上部構造を装着した状態の写真です。

前歯を失った場合、いちばん多く用いられる治療方法はブリッジだと思います。ブリッジはすぐれた治療方法ですが、両隣の歯をけずらなければなりません。
両側の歯が無傷の状態ですと、けずるのを躊躇してしまうことが多々あります。

インプラントであれば、歯をけずることなく欠損を回復することができますので、骨の状態が良好で健康状態も安定している方は、選択肢のひとつとして検討してみてもよいかもしれません。

前歯周囲の骨は厚みがありませんので、細めのインプラントを用いるか、あるいはあらかじめ骨を増量してからインプラントの植立を行うことになります。