歯の大きさのバランス、歯並びをセラミッククラウンで改善、そしてホワイトニング

歯の大きさや歯並びはセラミッククラウンで改善できます

歯のねじれや重なりをセラミッククラウンで改善した写真です。

歯が大きいと、重なりやすくなります

歯が大きいと、ねじれてはえるため、重なり合った歯並びになることが多いようです。
なぜなら、顎骨のスペースには限りがありますから、すべての歯がはえるためには少しずつ重なるしかないのです。

歯の大きさの程度や、はえてくる順番などが複雑にからみあって歯並びは仕上がります

ひとつの例ですが、前歯で最後にはえてくるのは犬歯です。
犬歯がはえてくる時点で顎骨にスペースがのこっていない場合、犬歯は上のほうに斜めにはえてしまいます。

いわゆるやえばです。

やえばがかなり上のほうに生えている場合は、ワイヤーを使った歯列矯正治療によって状態を改善するのがのぞましいと思います。

ところが写真の方のようなレベルの歯の位置、歯の重なりでしたら、ワイヤーを使った歯列矯正治療でも、セラミッククラウンで歯を小さくして、おさまりをよくして歯を並べる方法でも、治療が可能となります。

治療方法を選択するのは非常にむずかしいです

歯列矯正治療は歯をけずることなく状態を改善できますが、時間が年単位でかかってしまいます。

一方、セラミッククラウンで歯並びを改善する場合は、歯をけずる治療になりますが、比較的短期間で歯並びの状態が美しく整います。

結局のところ、その方のおかれている環境や、考え方、治療の必要性などによって決めるしかありません。

大事なことですので、ぜひじっくりと検討していただきたいと思います。

結果として

この写真の方は、セラミククラウンによって状態を改善したことにとても満足されていました。

歯並びだけでなく、歯のひとつひとつの形もきれいになりましたし、ホワイトニングを行うことで色調の面でも気持ちよくすごすことができるようになったということです。