叢生(でこぼこの歯並び)を歯を抜かずにアンカースクリューで改善

叢生を治すにあたって歯列全体を後方移動

でこぼこした歯ならび


改善された歯ならび


歯を抜かずに叢生(でこぼこの歯並び)を治す場合、でこぼこを治すだけでは出っ歯になってしまいます。出っ歯にならないようにするためには、ジスキングといって歯の側面をわずかに削除して歯を後方に動かす方法がよく用いられます。そのほか、アンカースクリューという小さなインプラントを植立し、それを固定源にして歯列全体を後方に動かす方法を用いることもあります。

この治療例においては、抜歯をしたくない、歯をあまりけずりたくないという患者さまのご希望におこたえするかたちで、アンカースクリューによる治療を行いました。

後方に動かすといいましても、アンカースクリューで移動できる距離は限界がありますので、唇が自然に閉じられるようになることをひとつの目標にして移動を行いました。

歯を動かすにあたりましては、歯根が皮質骨にふれると歯根の吸収が起こりますので、むりせずゆっくりと動かすことを心がけました。