叢生(でこぼこの歯並び)を歯を抜かずに矯正治療で改善した治療例


叢生を治すにあたって歯列全体を後方移動


歯を抜かずに叢生(でこぼこの歯並び)を治す場合、でこぼこを治すだけでは出っ歯になってしまいます。出っ歯にならないようにするためにはジスキングといって歯の側面をわずかに削除して歯を後退させる方法や、アンカースクリューという小さなインプラントを固定源にして歯列全体を後退させる方法を用いるなどして歯の角度を整えてゆきます。

この治療例においては、抜歯をしない、歯をけずらないという患者さまのご希望に沿うかたちで、結果的にアンカースクリューによって歯列全体を後方に移動させながら歯列を整えることにしました。

後方に移動するといいましても、アンカースクリューで移動できる距離はさほど大きくありませんので、唇が自然に閉じられるようになることをひとつの目標にして移動を行いました。

できるだけ歯根が皮質骨(顎骨の外枠部分の硬い組織)に接触して歯根吸収を起こさないように、無事じわっと動かすことができました。

タイトルとURLをコピーしました