変色気味の歯の治療

変色している歯にはホワイトニングが第一選択です

変色気味の歯をセラミッククラウンで改善した写真です。
歯の色を改善させる場合の治療方法はいくつかありますが、第一選択はホワイトニングです。

なぜならホワイトニングは歯をけずりませんし、すぐに始めることができるからです。

人によってはホワイトニングは多少しみることがありますが、痛みを感じるほどではありません。

ほぼほとんどの方にとって、ホワイトニングは無理なく受けていただける治療方法だと思います。

ホワイトニングの効果には限界があります

ホワイトニングは取り組みが比較的かんたんで、それなりの効果を期待することができますが、ホワイトニングでは状況の改善がむずかしい場合もあります。

それは、歯の内側の色素が著しく濃く変化している歯や、複雑にさまざまな色がまざりあっているような歯のような場合です。

このような歯を変色歯(へんしょくし)といいます。

変色している歯を確実に白くする

変色気味の歯はラミネートべニアやセラミッククラウンなどのセラミック系の治療方法で、確実に色調を改善することができます。

ホワイトニングは薬剤の化学反応によって歯を内側から白くしますが、ラミネートべニアやセラミッククラウンは、人工素材(セラミック)によって歯を外側からカバーして白くします。

今よりほんの少しだけ明るい色にしたいということでしたらホワイトニングで十分です。

さらに白く明るくしたいという願望をお持ちでしたら、セラミック系の治療方法をおすすめします。