歯を小さくする方法

まん中の歯は大きいのがふつうです

大きい歯をセラミッククラウンで小さくした写真です。
まん中の歯は、どなたでも比較的大きめで、すこしだけ前方に位置しているのがふつうです。

それがふつうであったとしても、程度によってはその状態にコンプレックスを感じてしまうことがあります。

歯を小さくする方法

歯を小さくしたい場合、いちばんかんたんに行える方法は、歯の端々をけずって形や大きさを変更する方法です。

これをカンタリング(形態修正)といいます。
健康に支障のない範囲で歯をけずることで、ある程度のところまで小さくできます。

カンタリングだけで満足を得ることができればよいのですが、カンタリングは歯を内側に入れることができませんから、もし歯を内側に入れる必要がある場合は、セラミッククラウンを応用します

セラミッククラウンであれば、大きさ、形、角度、前後的な位置をご希望どおりに変更できます。

小さくするといいましても、となりにある2番めの歯より小さくすることはできません。