大きい前歯のすきま治療

大きい前歯のすきまを治す場合の注意点

大きい前歯のすきまを樹脂製の材料で改善した写真です。
大きい前歯のすきまを処置する場合、処置を施した結果、さらに歯が大きく見えてしまうことがあります(特に横幅が大きく見えてしまうことがあります)。

その状態が見た目のうえで、強い違和感につながる可能性がある場合、治療をお断りさせていたくことがあります。

治療後も自然な状態が維持され、極端に人工的な見え方にならないことをこの治療の基準にしています。

そのほかにもおすすめできないケースがあります

歯の横幅が大きくなると、見た目のうえで、強い違和感や不自然感が生じることがあります。
このように見た目の点から、この治療をおすすめできないことがあるのは前述したとおりです。

そのほかのおすすめできないケースとして、接着する樹脂の量(面積、体積)が大きくなると、はずれやすくなりますから、強度的な点からも、この治療をおすすめできないことがあります。

できるだけ良好な状態で、長く安定させることが歯科治療の基本的な目標ですので、歯のすきま治療も同じように長持ちさせなければなりません。

樹脂を使った歯のすきま治療は、比較的安価で比較的容易に行える治療方法ですが、上記理由により、見た目や強度の点から、ほかの治療をおすすめすることがあります。

写真の方の前歯は、平均より大きく、すきまも大きめでしたが、結果的にあまり違和感が感じられませんでした。
強度の点も問題なく、現在も良好な状態が続いているようです。