折れた前歯を守るためのマウスピース

睡眠中のはぎしり、くいしばりで歯が折れることがあります

食事をしていて歯が折れた、はずれた、かけたというご経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、じつは大半が寝ている間に起こるかみしめなどによって歯がダメージを受け、そして食事の最中に折れるということが多いようです。

先日来られた方も、「ブロッコリーを食べていて歯が折れました」とおっしゃっていましたが、おそらくブロッコリーをかじっただけでは歯は折れないと思います。それまでの経過に原因があると考えるべきでしょう。

実際の写真を見てみましょう。

さしばを一旦はずして装着しました


さしばの状態を点検してみますと、かなりぐらぐらしていました(黄色みのつよい歯がさしばです)。ひっぱるとはずれそうなくらいでしたが、まだ歯の一部が歯ぐきにくっついていましたので、部分的な麻酔をしてからていねいにはがすようにとりはずし、土台を補強して再度接着しました。写真はすでに接着したあとの状態です。

さしばを作ったのは40年くらい前だそうですが、年数の割りには損傷が見当たらなかったため、作りなおさずにこのまま使っていただくことにしました。つけねの部分が黒くなっていますので、いずれ外見が気になるようになったら新しくしたいとお考えのようです。


噛み合せた状態です


口を閉じた状態の写真を見ますと、さしばのとなりの小さな歯が部分的に反対咬合(逆のかみ合わせ)になっていることがわかります。このかみ合わせですと上下の歯がはさまったまま動きにくくなるため、はぎしりが発生し、さしばに大きな圧力が加わります。その結果ひびが入り、ついに折れてしまったのでしょう。


マウスピースを装着しました


下あごを左にずらしました


下あごを右にずらしました


せっかくぴったりと接着しても、このままで過ごしますと、再びはぎしりに見舞われて何らかのダメージを受けてしまうことが予想されましたから、急いでマウスピースを作製し、さっそくこの日から使っていただくようにお願いしました。

このマウスピースは睡眠中に上下の歯が前後左右にスムーズに動けるように、前歯をフラットに覆うように設計してあります。すると垂直方向にかむ力は水平方向に分散され、徐々にはぎしりはおだやかになっててゆきます。

マウスピースは独特の違和感がありますので、使用開始直後は寝つきが悪くなることもありますが、なれるとむしろ呼吸が深くなり、睡眠が安定します。呼吸が深くなるというのはこりかたまった筋肉がほぐれて、はぎしりがおだやかになっていることを現しています。その結果歯は守られ、良好な状態が維持されます。

今回のように歯が折れたり、さしばがはずれたりしたことをきっかけにマウスピースの使用をご案内することもありますが、前歯にセラミッククラウンを装着された際に、予防的な意味でマウスピースのご使用をおすすめすることもあります。下の写真がそのマウスピースです。

セラミッククラウンの写真です


マウスピースを装着しました