折れた前歯を守るためのマウスピース


寝ているときのはぎしり、くいしばり、かみしめで歯は折れることがあります


食事をしていて歯が折れた、はずれた、かけたというご経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、じつは大半が寝ている間のかむ力によってすでに歯がダメージを受けていて、最後のとどめが食事時であることが多いようなのです。

先日来られた方の場合も、「ブロッコリーを食べていて歯が折れました」ということでしたが、おそらくブロッコリーをかじっただけでは歯は折れないでしょう。それ以前の経過に目を向けるべきだと思います。

実際の写真を見てみましょう。

 (1)

 (2)

 (3)

 (4)

 (5)

歯の状態を点検してみるとかなりぐらぐらしていました。引っ張るとはずれそうなくらいでしたが、まだ歯の一部が歯ぐきにくっついていましたので、部分的な麻酔をしてからていねいにはがすようにとりはずし、土台を補強して再接着しました。写真はすでに接着したあとのものです。

さしばを作ったのは40年くらい前だそうですが、年数の割にはさしば自体に特別な損傷が見当たらなかったため、作りなおさずこのまま使っていただくことにしました。よく見るとさしばのつけねが黒くなっていますが、このさしばはセラミッククラウンということもあり、だいじに使い続けたいというご希望におこたえした経緯もあります。外見が気になるようになったら新しく作りなおしたいともおっしゃっていました。

閉口状態の写真(2)を見ると、さしばの隣りの小さな歯が部分的に反対咬合(下の歯よりも内側にあるかみ合わせ)になっていることがわかります。この部分が上下互いにロックし合うことによってはぎしりが発生し、さしばに大きな圧力が加えられ、ひびが入り、ついに折れたのでしょう。

せっかくぴったりと再接着しても、このままの状態ですと再びはぎしりに見舞われますから、この日は後ほどもう一度来院していただくようお願いし、その間に急いでマウスピースを作製しました。そして早速この日から使っていただいています。(3) (4) (5) の写真が実際のマウスピースです。

このマウスピースは睡眠中に上下の歯がはさまり合わないように設計してあります。そうすることにより、垂直方向にかむ力は水平方向に分散され、徐々にはぎしりは低減してゆきます。

最初はマウスピース独特の違和感がありますので寝つきが悪くなることもありますが、慣れるとむしろ呼吸が安定し、次いで睡眠が深くなります。呼吸が深くなるというのは筋肉がほぐれて、はぎしりが低減していることを現しています。その結果歯は守られ、そのほかの良好な効果とともに安定した状態を維持することができるようになります。

今回のように歯が折れたり、さしばがはずれたりしたことをきっかけにマウスピースを作ることもありますし、予防という観点から、前歯にセラミッククラウンを装着された方にマウスピースの作製をおすすめすることもあります。以下 (6) (7) の写真がそれに該当します。

 (6)

 (7)

このマウスピースはセラミッククラウンを守るだけでなく、そのほかの歯の磨耗(すりへること)も防ぐことができます。すでに摩耗が進んでいる方は進行を防ぐためにもマウスピースの活用をおすすめしたいと思います。